大学出版部協会

 

対話で創るこれからの「大学」

対話で創るこれからの「大学」

大阪大学COデザインセンター:監修, 八木絵香:企画・編集, 水町衣里:企画・編集
四六判 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-87259-599-4 C0037
奥付の初版発行年月:2017年09月 / 発売日:2017年09月中旬

内容紹介

"未知で複雑で困難な課題の解決を先導する「高度汎用力」の養成を目指す大阪大学COデザインセンターが「社会を変える取り組み」で活躍するゲストたちとともに、知のありかた、つなぎ方を考える対談集。
【ゲスト】(掲載順)
馬場正尊・八木啓太・小笠原舞・小竹めぐみ・若林恵・稲村和美・東浦亮典・人見光夫・平田オリザ・江間有沙・水野祐・石川新一・岩田有史・座馬耕一郎・相川高信・吉澤剛・内田由紀子・神里達博
"

出版部から一言

ナレッジキャピタル「超学校」の人気企画を書籍化したものです。各方面で活躍している若手のゲストたちも訴求力ありです。大学、学際知、教養、高度汎用力、など、最近の「大学」にまつわるトピックが満載です。

著者プロフィール

水町衣里()

大阪大学COデザインセンター 特任助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序奏 社会と学知の統合に向けて

第1楽章 知の協奏と共創
1 社会の「公器」としての大学(馬場正尊・小林傳司)
2 「技術」と「不満」のつなぎ方(八木啓太・藤田喜久雄)
3 学びが「生まれる場」のつくり方(小笠原舞・小竹めぐみ・池田光穂)
4 未来を動かす人とテクノロジー(若林恵・平川秀幸)

間奏 イノベーションをデザインする人材、ネットワークとは?
(稲村和美・東浦亮典・人見光夫・平田オリザ・小林傳司)

第2楽章 異なる知の「つなぎ方」を考える
1 一歩先の未来を描くために―異分野の視点や知を集める(江間有沙・水野祐)
2 アイデアをかたちに―人類進化ベッドはこうしてできた(石川新一・岩田有史・座馬耕一郎)
3 現場の枠を飛び越える―実践と政策のつなぎ方(相川高信・吉澤剛)
4 つながりを研究する―「つなぐ人」がもたらす価値(内田由紀子・神里達博)

終奏 モヤモヤとした悩みをともにモヤモヤと考え続けることの意味


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。