大学出版部協会

 

 揺籃期から世界四大文明を超えて精神と光彩の画家 中村貞夫

大阪大学総合学術博物館叢書15
精神と光彩の画家 中村貞夫 揺籃期から世界四大文明を超えて

橋爪 節也:編著, 竹中 哲也:編著
A4判 114ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-87259-525-3 C1371
奥付の初版発行年月:2018年04月 / 発売日:2018年05月上旬

内容紹介

大阪で生まれ、大阪大学仏文学科を卒業した異色の洋画家中村貞夫の展覧会(2018.4.27-6.31)に沿った図録と解説集。絵の具の質感を意識した重厚な画風から「富士」連作を経て「世界四大文明」シリーズに挑戦、ナイル川、インダス川、黄河からメソポタミアに至る53作品。見開きいっぱいの迫力ある大型図やスケッチの線画などを掲載。貴重な資料・写真をまじえて時代背景を語る。

出版部から一言

大阪で生まれ、大阪大学仏文学科を卒業した異色の洋画家中村貞夫の図録と解説集。絵の具の質感を意識した重厚な画風から「富士」連作を経て「世界四大文明」シリーズに挑戦、ナイル川、インダス川、黄河からメソポタミアに至る53作品。見開きいっぱいの迫力ある大型図やスケッチの線画などを掲載。貴重な資料・写真をまじえて時代背景を語る。

著者プロフィール

橋爪 節也(ハシヅメセツヤ)

1958年大阪市に生まれる。専攻は日本・東洋美術史。東京藝術大学美術学部助手から大阪市立近代美術館建設準備室主任学芸員を経て大阪大学総合学術博物館教授・大学院文学研究科(兼任)。前総合学術博物館長。現在は社学共創本部教授。編著『大大阪イメージー増殖するマンモス/ モダン都市の幻像― 』(創元社)、監修『木村蒹葭堂全集』(藝華書院)。編著『大阪大学総合学術博物館叢書12 待兼山少年 大学と地域をアートでつなぐ《記憶》の実験室』大阪大学出版会)など

竹中 哲也(タケナカテツヤ)

1985年神戸市に生まれる。専攻は西洋美術史。近現代を中心に、オランダの画家ヨハネス・フェルメールの受容史を研究対象としている。関西学院大学大学院文学研究科修了。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程在学中。同総合学術博物館研究員。姫路市立美術館学芸員として『没後30年 シャガール展― 愛と色彩のファンタジー』(2015年)を担当。図録所収論文「画家シャガールのアイデンティティ」など。「日本における西洋美術コレクション― 展覧会と作品の行方」『姫路市立美術館研究紀要』第15号(2016年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


はじめに


デカルトに魅せられた画家 ― 大阪モダニズムと中村貞夫

光と闇のはざま、半透明の絵画芸術 ― 大阪洋画壇と中村貞夫


【図版】
Ⅰ 中村貞夫の芸術― その起源から富士へ

第一章 萌芽― 学生時代から初期の芸術

コラム1 小磯良平との出会い


第二章 燔祭― 精神の描写

コラム2 燔祭とは何か


第三章 自然を描く―外界への眼差し

コラム3 伊藤継郎との出会い


第四章 富士― 春夏秋冬

コラム4 中村芸術の揺籃


Ⅱ 四大文明― 世界の源流を求めて

第五章 ナイル、エジプト

コラム5 連作「ナイル」について

コラム6 インダス・シリーズについて


第六章 インダス


第七章 黄河

コラム7 黄河スケッチ

コラム8 メソポタミア・シリーズ取材


第八章 メソポタミア


大学キャンパスと“アートリソース”

座談会 画家 中村貞夫のアトリエにて

語り◦中村貞夫

聞き手◦竹中哲也、橋爪節也


中村貞夫年譜

作品リスト

参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。