大学出版部協会

 

古墳時代に魅せられて

阪大リーブル65
古墳時代に魅せられて

四六判 232ページ 並製
定価:1,700円+税
ISBN978-4-87259-447-8 C1320
奥付の初版発行年月:2018年12月 / 発売日:2018年12月下旬

内容紹介

著者が考古学ーとりわけ古墳時代―に興味を抱き、研究してきた跡をたどりながら、市民は何に関心を求めているのかを追求する。なぜ古いむかしを研究するのか。クニが生まれる前から人は暮らし、富を得てクニが誕生すると貧富の差が出来、支配・被支配の人間関係が生まれて戦争へと向かっていく。その歴史を遺物や遺跡を直接見ることによって、現代人は自分たちの問題が見えてくるのではないかと著者はいう。

著者プロフィール

都出 比呂志(ツデ ヒロシ)

1942年大阪生まれ、68年京都大学博士課程中退 京都大学助手 滋賀大学助教授をへて大阪大学教授 1989年浜田青陵賞受賞、『王領の考古学』(岩波新書、2000年、『前方後円墳と社会』塙書房、2005年他多数

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
狩人バチから埴輪へー昆虫少年が歩んだ道 
Ⅰ部 考古学から現代を考える 
1章「歴史は何の役に立つの?」 
2章 日本考古学の国際化 
3章現代に生きる考古学 
4章 アイルランドの水 

Ⅱ部クニのはじまり 
5日章日本文化起源論と歴史学 
6章弥生人とノロシ 
7章 古墳が作られた時代 
8章 継体朝という時代ー鉄をめぐる争い 
おわりに - 古墳時代と成熟した国家の違い


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。