大学出版部協会

 

 絵画と文学、時間と空間の脳科学芸術と脳

阪大リーブル42
芸術と脳 絵画と文学、時間と空間の脳科学

四六判 334ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-87259-324-2 C1370
奥付の初版発行年月:2013年03月 / 発売日:2013年03月中旬

内容紹介

世界を認識する心の感動が芸術に表現され、芸術がその感動を再現させる。心は脳の働きであり、芸術を理解することは、脳の働きそのもの。芸術を通した新しい視点から、素晴らしい脳の働きを理解しようという、国際高等研究所の研究会をもとに、参加研究者が書きおろした。芸術を生み出し芸術に表現される、時間、空間、名前、錯覚などを、脳の研究者と芸術の研究者が快い文章で描きだし、編者がコラムで読者をナビゲートする。

著者プロフィール

近藤 寿人(コンドウ ヒサト)

大阪大学大学院生命機能研究科 教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1章 平安朝物語における時間の階層と語り手の多様な位置(山本登朗)
2章 歴史叙述・時間・物語 
   —歴史はどのように書かれてきたか—(小倉孝誠)
3章 時空間記憶と夢の仮説(小倉明彦)
4章 仏教の時間論(佐々木閑)
5章 名前を「見る」と文字を「読む」−錯覚の解釈学−(手島勲矢)
6章 絵巻の時間と空間の表現(若杉準治)
7章 造形芸術と時間−古代南アジアの説話浮彫を中心に−(肥塚隆)
8章 絵画の根源をめぐって(岡田温司)
9章 色と質感を認識する脳と心の働き(小松英彦)
10章 世界は脳が見ている(藤田一郎)
11章 女の身体と男のまなざし(小倉孝誠)
12章 自閉症から見る世界(北澤茂)
13章 頭の中サイン、コサイン(大澤五住)
14章 三次元世界を見る(藤田一郎)
15章 見続けるということ(佐藤宏道)
結びにかえて 新しい芸術がはじまるとき(近藤寿人)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。