大学出版部協会

 

三角縁神獣鏡の研究

三角縁神獣鏡の研究

B5判 422ページ 上製
定価:8,000円+税
ISBN978-4-87259-193-4(4-87259-193-3) C3021
奥付の初版発行年月:2005年08月 / 発売日:2005年08月中旬

内容紹介

日本列島で出土した500面を超える三角縁神獣鏡は3世紀中葉〜4世紀の古墳に集中している。
その製作は中国か日本か。魏志倭人伝に「銅鏡百枚」を卑弥呼に与えたと記されているその鏡に当たるのか。
議論の多いこの鏡を、多数の図版や写真を掲載すると共に、新しい分析により製作地を特定し、古墳時代の国会形成の特質にも言及した一冊。

著者プロフィール

福永 伸哉(フクナガ シンヤ)

大阪大学大学院文学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1章 三角縁神獣鏡の系譜と性格
三角縁神獣鏡の関連鏡群
舶載三角縁神獣鏡の編年と製作年代
舶載三角縁神獣鏡の編年と製作年代
倣製三角縁神獣鏡の編年と製作年代
三角縁神獣鏡製作技法の検討

2章 画文帯神獣鏡と邪馬台国政権
三角縁神獣鏡からみた中央と地域
古墳時代前期にいおける神獣鏡製作の管理
三角縁神獣鏡の副葬配置とその意義
筒形銅器・巴形銅器出土古墳の性格
古墳時代の出現と中央政権の儀礼管理
倭の国家形成過程における古墳時代
終論 三角縁神獣鏡の歴史的意義


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。