大学出版部協会

 

 瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬芸術の不可能性

芸術の不可能性 瀧口修造 中井正一 岡本太郎 針生一郎 中平卓馬

四六判 192ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-86463-063-4 C3070
奥付の初版発行年月:2017年09月 / 発売日:2017年09月下旬

内容紹介

前衛芸樹が生まれた19世紀末から20世紀初頭は動乱、革命、戦火の時代だった。1907年のキュビスムのセンセーション、1909年の未来派宣言、1916年チューリヒ・ダダを嚆矢とする世界的なダダ・ムーブメント、1924年ブルトンによるシュルレアリスム宣言。1930年瀧口がブルトンの『超現実主義と絵画』を訳出して以来の、中井、針生、岡本、中平へと続く前衛芸術受容の日本的困難と屈折を、社会的事象とともに論じる。

著者プロフィール

高島 直之(タカシマ ナオユキ)

1951年、仙台市生まれ。美術批評・近現代美術。現在、武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科教授。著書に、『中井正一とその時代』(青弓社、2000年)。共著に、『高松次郎を読む』(水声社、2014年)、『1950年代日本のグラフィックデザイン』(国書刊行会、2008年)、『日本近現代美術史事典』(東京書籍、2007年)、『デザイン史を学ぶクリティカル・ワーズ』(フィルムアート社、2006年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1.瀧口修造と前衛写真
物質の夢
写真的触覚一――瀧口修造と前衛写真1938-40
 フォトジェニックとは/写真のシュルレアリスム/触覚の二次元的表現/科学と総合芸術
写真的触覚二――瀧口修造と前衛写真1953-56
 触覚的記憶――写真と版画/リアリズム論争の時代/オブジェ=事物と、幻想/客観と主観のダイナミクスに生成するもの

2.中井正一の史的構図
 現実感覚とユートピア/対話的コミュニケーションの〈場〉/映画――動いていく時間の壁/リズムとモンタージュ

3.岡本太郎 その歴史的位置
 はじめに/奇妙なイズムとしての対極主義/対極主義、アヴァンギャルド、縄文土器/近代市民社会と芸術家/日本的なものと西洋的なもの

4.針生一郎の批評的原点
 保田の美学と左翼民衆主義/戦後美術への視座/戦後精神としての対極主義/「サドの眼」から〈現実〉へ/花田清輝の「あるがままの林檎」/ドキュメンタリー芸術のゆくえ/日光東照宮と岡本太郎/二元論的思考からの拘束

5.写真家 中平卓馬
 はじめに/アジェ――写真を見ることへの問い/シュルレアリスム――政治と芸術/美的自由と国家――マルクーゼの理論/「風景」をめぐって――写真とそのイメージ/「植物図鑑」とは、いったい何であったか/おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。