大学出版部協会

 

 昭和前中期の関西学院上ケ原キャンパスあれこれ

K. G. りぶれっと
上ケ原キャンパスあれこれ 昭和前中期の関西学院

A5判 138ページ
定価:1,300円+税
ISBN978-4-86283-284-9 C1021
奥付の初版発行年月:2019年07月 / 発売日:2019年08月上旬

著者プロフィール

今田 寛(イマダ ヒロシ)

1934年 兵庫県西宮市生まれ。
Ph.D.,文学博士、関西学院大学名誉教授。
1957年 関西学院大学文学部心理学科卒業、同大学院博士課程を経て、
1963年 米アイオワ大学大学院卒業。
関西学院大学専任講師、助教授、教授を歴任。
1997-2002年関西学院大学学長、2004-2010年広島女学院大学学長。
専門:学習、動機づけ・情動の心理学。
『恐怖と不安』 誠信書房、『学習の心理学』培風館、W. ジェームス『心理学』(訳)岩波文庫(上・下)、『ことわざと心理学』有斐閣 他

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

目 次

序文
はじめに
第一話 上ヶ原キャンパスの誕生
 原田の森キャンパス/大学令の発布/上ヶ原キャンパスへの移転
第二話 上ヶ原のキャンパス・デザイン
 ヴォーリズによるキャンパス・デザイン/キャンパス・デザインに影響を与えた芝川家/二・四キロメートルの直線を軸にデザインされた上ヶ原キャンパス
第三話 甲山の話
 甲山のハゲ/甲山のミドリ/漢詩に謳われた冑山の翠
第四話 上ヶ原キャンパスで生まれた校歌─戦前篇 「空の翼」と「緑濃き甲山」
 「空の翼」(一九三三)/「緑濃き甲山」(一九三九)
第五話 太平洋戦争中の上ヶ原キャンパス
 戦時下の上ヶ原キャンパス/奉安庫と地下壕/予科練と近隣住民/日記に残された終戦前後の上ヶ原キャンパス
第六話 上ヶ原キャンパスで生まれた校歌─戦後篇 A Song for Kwansei
 創立六〇周年とブランデンによる新校歌/味わい深い新校歌
第七話 上ヶ原キャンパスのポプラとクスノキ
 上ヶ原キャンパスにポプラとクスノキは何本あったか?/ポプラとクスノキの現状/中央芝生
第八話 関西学院・関西学院教会・キリスト教
 キリスト教の基礎知識/南メソジスト監督教会/関西学院教会/教会に行ってみようかなと考えている人のために
第九話 上ヶ原キャンパスで生活した人たち
 成全寮、啓明寮、静修寮、ハミル館/成全寮で過ごした日々(北村宗次)/上ヶ原「関学啓明寮の思い出」(古川滿昭)/静修寮の思い出(中西格郎)/戦後のハミル館で過ごした五年間(西川光子)/宣教師館での生活
第一〇話 おわりに─現在の上ヶ原キャンパス
 上ヶ原キャンパスの今日/今日の体育会、文化総部、その他の総部
付録 最初の校歌 Old Kwansei


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。