大学出版部協会

 

 複雑系の生態学森の自然史

森の自然史 複雑系の生態学

A5判 250ページ
定価:3,000円+税
ISBN978-4-8329-9891-9(4-8329-9891-9) C3045
奥付の初版発行年月:2000年09月 / 発売日:2009年10月下旬

内容紹介

巨大システムとしての森林 はいかに維持さているのだろうか. 15人の第一線若手研究者による複雑系の生態学への複合的 アプローチ. 第Ⅰ部では, 森の木々の繁殖 について, 第Ⅱ部では, 樹木と動物との相互作用に注目しつつ,芽生えから成熟までについて触れる. 第Ⅲ部では,北海道の亜高山帯森林,屋久島の照葉樹林,ボルネオの熱帯低地雨林をフィールドに共存の仕組みの手がかりを,第Ⅳ部では,樹木と補食動物との関係,樹木と土壌・河川との関係をとおして,生態系としての森の機能を解明する.

著者プロフィール

菊沢 喜八郎(キクザワ キハチロウ)

京都大学大学院農学研究科教授

甲山 隆司(コウヤマ タカシ)

北海道大学大学院地球環境科学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第Ⅰ部 木の花・果実
第 1章  熱帯雨林における植物の開花・繁殖様式 (百瀬邦泰)
第 2章  冷温帯落葉広葉樹林における樹木の開花と結実 (加藤悦史)
第 3章  冷温帯落葉広葉樹林における種子散布 (柴田銃江)
第 4章  森の果実と鳥の季節 (木村一也)

第Ⅱ部 実生の定着と稚樹の生活
第 5章  マレーシア半島の熱帯低地雨林に果実−果実食者の関係を探る (安田雅俊)
第 6章  萌芽をだしながら急斜面に生きるフサザクラ (酒井暁子)
第 7章  熱帯雨林におけるフネミノキの樹形変化 (山田俊弘)
第 8章  ミズナラの実生定着と空間分布を規定する昆虫と野ネズミ (和田直也)

第Ⅲ部 森の動態と樹種の共存
第 9章  トドマツ・アカエゾマツ林の更新動態と2種の共存 (高橋耕一)
第10章 照葉樹林の構造と樹木群集の構成 (相場慎一郎)
第11章 リュウノウジュの林冠優占と熱帯雨林の多様性 (伊東 明)

第Ⅳ部 生態系としての森林
第12章 春の広葉樹林における植物−昆虫−鳥の三者関係 (村上正志)
第13章 森の土壌をめぐる物質動態 (柴田英昭)
第14章 河川の構造と森林 (井上幹生)
第15章 森と川のつながり−河川生態系における河畔林の機能 (佐藤弘和)


編者・執筆者紹介 (五十音順)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。