大学出版部協会

 

☆新版☆氷の科学

☆新版☆氷の科学

四六判 260ページ
定価:1,800円+税
ISBN978-4-8329-7371-8(4-8329-7371-1) C1042
奥付の初版発行年月:2004年11月 / 発売日:2004年11月下旬

内容紹介

雪の結晶はなぜ六花? 氷はなぜ水に浮かぶ? 氷河が青くみえるのはなぜ? 身近にあって暮らしに深く関わっている氷と雪。意外と知られていないその素顔を、物理・化学的性質を結晶構造からオリンピックの氷、土星の輪まで、最新のデータを加え、多彩な角度から紹介します。

著者プロフィール

前野 紀一(マエノ ノリカズ)

1940年 北海道に生まれる
1963年 北海道大学理学部地球物理学科卒業
1965年 北海道大学大学院理学研究科修士課程(地球物理専攻)修了
現  在 北海道大学名誉教授
著訳書 『雪氷の構造と物性』<基礎雪氷学講座Ⅰ>(共編)
      『雪崩と吹雪』<基礎雪氷学講座Ⅲ>(共編)
      N. H. Fletcher 『氷の化学物理』

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 氷と人間
夏の氷/氷= /冬の雪氷/雪氷と人間
第2章 水の循環と雪氷
万物の根元は水である/水の循環/水循環は太陽エネルギーを運ぶ/地球上の雪氷の量/雪氷の白さ
第3章 氷結晶の構造と性質
 水をしる
水の化学組成/水分子の形/水の状態図/沸点上昇と融点降下/かくれた熱−潜熱/氷も蒸発する−昇華蒸発
 氷の結晶構造
クリスタルとガラス/クリスタルの原義は氷/氷は六方結晶か/X線による構造決定/氷の結晶構造/氷はなぜ水より軽いか/単結晶の氷/蒸発ピットの方法/ティンダルの氷の花/透明な氷−札幌オリンピックと長野オリンピックの氷/氷の成長と異物排除/色のついた透明な氷
 氷の弾性と塑性
はずむ氷/流れる氷/単結晶氷の塑性変形/底面滑りのメカニズム−転位/応力・ひずみ曲線/氷の転位の直接観察/多結晶氷と粘弾性/多結晶氷の定常クリープ
第4章 無秩序な氷結晶
 水素原子の配列
こわれにくい水分子−共有結合/水分子間の水素結合/プロトンの配置とバナール=ファウラーの規則/氷の統計模型/無秩序の凍結/プロトンの配置/理想的な結晶性氷
 氷はプロトン半導体
氷の電気測定のパイオニア/氷は半導体/氷はなぜ透明か,雪はなぜ白いか/青い氷/氷の電気分解とイオン欠陥/氷の誘電分極/水分子は永久双極子/水分子の回転のメカニズム−配向欠陥
 氷の本性
スイス学派の統一理論/氷の本性
第5章 氷の表面と物性
 氷の温度と表面
あつがりな氷/氷の表面は疑似液体/氷はきわめて純粋/疑似液体層の実験的証拠
 復氷・スケート・雪結晶
氷のマジック−復氷/復氷の理論/スケートとスキーはなぜ滑るか/氷の摩擦係数/雪結晶の形
 氷は焼物
焼物のメカニズム−焼結/氷も焼結する/南極の氷は焼物/南極の氷と焼結の極限
第6章 氷と圧力−いろいろな氷
高圧氷の発見/水に浮かない高圧氷/ゆがんだ氷−氷Ⅱ・氷Ⅲ・氷Ⅴ/二重構造の氷−氷Ⅵ・氷Ⅶ/目で見る高圧氷/氷Ⅷと氷Ⅸの発見/極限状態の氷/準安定の氷/籠の氷−包接氷
第7章 宇宙の氷
太陽系の水の起源/月の氷/火星の氷/火星の雪/木星の氷のお月さん/宇宙の噴水−彗星/土星の輪/宇宙雪氷学


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。