大学出版部協会

 

現代宇宙論を読む

現代宇宙論を読む

四六判 186ページ
定価:1,600円+税
ISBN978-4-8329-7171-4(4-8329-7171-9) C1044
奥付の初版発行年月:1992年03月 / 発売日:1992年03月下旬

内容紹介

ハイテク天文学により明らかにされつつある「宇宙最大規模の構造」とは何か,いま宇宙で何が見出され,どのように考えられ,どこに問題が残されているのだろうか.研究現場の第一線から理論家の目を通して分りやすく解説する.

著者プロフィール

池内 了(イケウチ サトル)

立天文台教授.
主要著書:
宇宙の大規模構造と銀河 (丸善,1988)
宇宙のかたちをさぐる (岩波ジュニア新書,1988)
泡宇宙論 (海鳴社,1988)
宇宙からみた自然 (新日本新書,1991)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第 1章  人々の「宇宙」が拡大してきた
第 2章  銀河宇宙の大構造を考える
第 3章  泡構造はどうしてできたか
第 4章  ビッグバン宇宙論は成立するか
第 5章  宇宙の地平をめざして
○ 宇宙論の歴史を知るための20冊


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。