大学出版部協会

 

 英米文学試論集文学研究は何のため

文学研究は何のため 英米文学試論集

A5判 430ページ
定価:6,000円+税
ISBN978-4-8329-6693-2 C3097
奥付の初版発行年月:2008年03月 / 発売日:2008年03月下旬

内容紹介

シェイクスピアからハリー・ポッターまで……これまで英米文学史上において重要視されてきた作家・作品から近年再評価が著しい作家・作品までを取り上げ,多彩なアプローチで分析.現在の英米文学研究の姿とその魅力を,わかりやすく解き明かす.

著者プロフィール

長尾 輝彦(ナガオ テルヒコ)

北海道大学名誉教授、四国大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論 文学研究は何のため−〈意図の誤謬〉、〈多義性〉、〈必読の書〉等をめぐって     長尾 輝彦
*第一部 シェイクスピアから王政復古まで
民衆演劇としての『マクベス』−マクベスの道化的な性格に焦点をあてて         五十嵐博久
彫像の場に向けて−『冬物語』における罪から和解への計算             宮下 弥生
ボーモント&フレッチャーと王政復古期演劇               佐々木和貴
*第二部 ロマン派から十九世紀まで
キーツのギリシア                           松崎 慎也
〈愛と女性描写〉に見るバイロンの本質−バイロン『ドン・ジュアン』       宮澤美惠子
〈交錯する視線〉の物語−ジェイン・オースティン『分別と多感』論          池田 裕子
ディケンズとドストエフスキーの〈ユーモア〉−ドン・キホーテの影を追って    及川 陽子
〈視〉と〈聴〉を考える−マシュー・アーノルドを例に              森 岡  伸
祝福された女性たち−クリスティナ・ロセッティとキリスト教終末論        滝口 智子
限られた読者のための自伝−ウォルター・ペイターの「家のなかの子」        十枝内康隆
愚か者の物語−エドガー・アラン・ポーの「タール博士とフェザー教授の療法」        鎌田 禎子
男を作るものは何か−サミュエル・クレメンズと男らしさの病            久保 拓也
*第三部 二十世紀から現代へ
キャサリン・マンスフィールドの「亡き大佐の娘たち」が輝く瞬間     熊谷由美子
ある編集長からみた「レダと白鳥」                   藤田 佳也
詩的方法としてのコラージュ−パウンド『詩篇』における漢字的コラージュの創造性   菅原美穂子
欲望とアイデンティティの物語−カーソン・マッカラーズの『黄金の眼に映るもの』    松井 美穂
変奏されるロボトミー−テネシー・ウィリアムズの劇作品における〈移動〉と〈静止〉    新関 芳生
〈夫婦〉をめぐる物語−アーサー・ミラー作『転落の後に』試論           山下 興作
〈母〉の帰還−−反抗的な〈娘〉たちによる『指輪物語』の受容と修正         板倉 宏予
ポストコロニアル文学におけるアイデンティティ−V・S・ナイポールを中心に   西 真木子
もうひとつの世界への通路−『ハリー・ポッターと賢者の石』にみる英米ファンタジーの伝統   沢辺 裕子
少女とテクスト−樋口一葉「たけくらべ」とアリス・マンロー「パッション」        和氣 久明


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。