大学出版部協会

 

カントと自由の問題

カントと自由の問題

A5判 392ページ
定価:6,000円+税
ISBN978-4-8329-5591-2(4-8329-5591-8) C3010
奥付の初版発行年月:1993年12月 / 発売日:1994年01月下旬

内容紹介

現代の分析哲学にみられる行為論の欠陥を指摘し,行為をひたすら自由と道徳法則との関連において解明しようとするカントの実践哲学の意義を再評価することにより,現代の哲学的行為論に一石を投じようとする意欲作.

著者プロフィール

新田 孝彦(ニッタ タカヒコ)

北海道大学大学院文学研究科教授(倫理学)
主要著書:
カント哲学のコンテクスト(共編著,北海道大学図書刊行会,1998)
入門講義・倫理学の視座(世界思想社,2000)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序  論  問題の設定
第 1章  両立可能性の系譜
 [1]  「意志の自由」を肯定する両立可能性
   第 1節  アウグスティヌス—神の予知と自由意志
   第 2節  カント—決定根拠律と自由意志
 [2]  「意志の自由」を否定する両立可能性
   第 3節  デカルトによる「意志作用」の概念の導入
   第 4節  経験論の伝統
   第 5節  《ムーアのテーゼ》を巡る論争
 [3]  物理的非決定論と自由
   第 6節  予言破りの自由
   第 7節  エントロピー減少系における非決定論
   第 8節  マスター・スイッチ理論
第 2章  行為の問題
   第 1節  伝統的行為論の問題
   第 2節  基礎行為
   第 3節  行為の因果説と志向説
   第 4節  意図的行為の基準
第 3章  カントの第二類推論
   第 1節  「原則の分析論」の課題
   第 2節  図式論
  第 3節  純粋悟性の諸原則の体系
   第 4節  経験の類推の諸原則
   第 5節  カント批判
第 4章  カントの弁証論
   第 1節  実践的自由と超越論的自由
   第 2節  理性,および純粋理性概念としての理念
   第 3節  純粋理性のアンティノミー
   第 4節  宇宙論的理念の発生起源
   第 5節  アンティノミーの批判的解決
   第 6節  超越論的理念としての自由
第 5章  自由の問題圏域—中間的考察
   第 1節  超越論的自由の叡知的性格の問題性
   第 2節  経験の構成的原理
   第 3節  自由の問題圏域
第 6章  カントの意志論
   第 1節  選択意志
   第 2節  自律と他律
   第 3節  道徳法則の演繹
第 7章  道徳法則と行為
   第 1節  道徳法則の導出
   第 2節  理性の事実
   第 3節  道徳法則—超感性的自然の可能性の法則
   第 4節  結 論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。