大学出版部協会

 

 宗教学とその周辺聖と俗の交錯

聖と俗の交錯 宗教学とその周辺

土屋 博:編著
四六判 248ページ
定価:2,400円+税
ISBN978-4-8329-3181-7(4-8329-3181-4) C3014
奥付の初版発行年月:1993年09月 / 発売日:1993年09月下旬

内容紹介

宗教学を形づくり成立させている「裾野」を,聖俗二分法という仕掛けを用いて浮び上がらせるとともに,今日の「宗教現象」「宗教問題」を分析・究明する道筋を解きほぐさんとする,新進・気鋭の研究者による意欲作.

著者プロフィール

土屋 博(ツチヤ ヒロシ)

北海道大学文学部教授・宗教学

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序  論  聖俗問題と宗教学の可能性(土屋 博)

第1部  思想史における聖なるもの
第 1章  歴史意識と宗教(大道敏子)
第 2章  社会思想と宗教(宇都宮輝夫)
第 3章  科学思想と宗教(今井道夫)
第2部  現代世俗社会における聖なるもの
第 4章  言葉と宗教(佐々木 啓)
第 5章  世俗社会と宗教(櫻井義秀)
第 6章  医療と宗教(澤田愛子)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。