大学出版部協会

 

 イギリス外交と第一次世界大戦後の西欧安全保障大陸関与と離脱の狭間で

大陸関与と離脱の狭間で イギリス外交と第一次世界大戦後の西欧安全保障

A5判 532ページ 上製
定価:6,800円+税
ISBN978-4-8158-0918-8 C3022
奥付の初版発行年月:2018年09月 / 発売日:2018年09月上旬

内容紹介

大国が後退するとき ——。平和を維持する仕組みはいかに構想され、なぜ脆弱化したのか? 国際連盟を含む複数の安全保障観やヨーロッパ派と帝国派のせめぎ合い等のなか、西欧への関与の揺らぐイギリスの外交姿勢と諸国との交渉過程を、膨大な史料から精緻に描き出し、現在への示唆に富む気鋭による力作。

著者プロフィール

大久保 明(オオクボ アキラ)

1985年 オランダ・ハーグ市生まれ
2008年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
2009年 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)
     国際関係史修士課程修了
2016年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻
     後期博士課程単位取得退学、
     翌年同大学院より博士(法学)を取得
現 在 日本大学国際関係学部助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 関連地図
 凡 例

序 章

第1章 西欧に関する戦後構想 1916~18年
    1 アスキス内閣による戦後構想策定の試み
    2 ロイド・ジョージ内閣の講和準備(1) 1916年12月~17年12月
    3 ロイド・ジョージ内閣の講和準備(2) 1917年12月~18年12月

第2章 パリ講和会議における西欧安全保障問題 1919年
    1 国際連盟と対独軍備制限
    2 ラインラント問題
    3 英仏・米仏保障条約の形成
    4 ベルギー問題
    5 ヴェルサイユ条約の成立

第3章 フランスとベルギーへの保障の再検討 1919~20年
    1 イギリス政府による対仏コミットメントの再検討
    2 1839年条約の修正交渉とベルギー保障案
    3 仏白軍事協定交渉へのイギリスの参加問題

第4章 英仏・英白同盟交渉の挫折 1921~23年
    1 英仏同盟構想に関するイギリスの政策検討
    2 フランスの同盟提案
    3 カンヌ会議における英仏・英白同盟交渉
    4 同盟交渉の頓挫
    5 ルール危機のもとでの西欧安全保障構想

第5章 ロカルノ条約の形成 1924~25年
    1 マクドナルド労働党政権期の安全保障交渉
    2 第二次ボールドウィン内閣による安全保障案の模索
    3 イギリス政府によるドイツ提案の受諾過程
    4 西欧相互保障協定の草案作成をめぐる国際交渉
    5 ロカルノ条約の成立

終 章

 あとがき
 注
 参考文献
 略語表
 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。