大学出版部協会

 

道教経典の形成と仏教

道教経典の形成と仏教

A5判 594ページ 上製
定価:9,800円+税
ISBN978-4-8158-0885-3 C3014
奥付の初版発行年月:2017年10月 / 発売日:2017年10月上旬

内容紹介

大宗教への飛躍と確立――。仏教伝来のインパクトを受け体系化する道教。中国固有の思想との相克のなか、融合はいかになされたのか。霊宝経から坐忘論まで、生み出された経典・儀礼・聖像等を通して、六朝隋唐時代におけるダイナミックな展開を描き出す労作。

著者プロフィール

神塚 淑子(カミツカ ヨシコ)

1953年、兵庫県に生まれる。現在、名古屋大学大学院人文学研究科教授。専門は中国思想。著書に『六朝道教思想の研究』(創文社,1999年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章
     1 問題の所在
     2 先行研究
     3 本書の構成

  第一篇 霊宝経の形成とその思想

第1章 霊宝経と初期江南仏教
       —— 因果応報思想を中心に
     はじめに
     1 霊宝経の因果応報・輪廻転生の思想
     2 霊宝経と支謙・康僧会の訳経
     3 霊宝経と六朝小説

第2章 霊宝経における経典神聖化の論理
       —— 元始旧経の 「開劫度人」 説をめぐって
     はじめに
     1 「元始旧経」 の構想と 「開劫度人」 説
     2 上清経から霊宝経へ —— 『元始五老赤書玉篇真文天書経』
     3 「出法度人」 と阿丘曽の物語 —— 『太上洞玄霊宝赤書玉訣妙経』
     4 「開劫度人」 説と死者救済 —— 『太上霊宝諸天内音自然玉字』
     5 天尊の 「過去」 と斎戒 —— 『太上洞玄霊宝智慧罪根上品大戒経』 と 『太上諸天霊書
       度命妙経』
     おわりに

第3章 霊宝経に見える葛仙公
       —— 新経の成立をめぐって
     はじめに
     1 霊宝経の伝授の系譜
     2 太極真人から葛仙公への伝授
     3 葛仙公の 「本行因縁」
     4 仙公と天師張道陵と青童君
     5 葛仙公から鄭思遠への言葉
     おわりに

第4章 六朝道教と 『荘子』
       —— 『真誥』・霊宝経・陸修静
     はじめに
     1 上清派道教の形成と 『荘子』
     2 霊宝経と 『荘子』
     3 陸修静と 『荘子』
     おわりに

  第二篇 天尊像考

第1章 隋代の道教造像
     はじめに
     1 隋代の道教像とその特徴
     2 男官李洪欽等造老君像碑
     3 道観と道教像
     おわりに

第2章 天尊像・元始天尊像の成立と霊宝経
     はじめに
     1 天尊像・元始天尊像の成立
     2 霊宝経 「元始旧経」 と元始天尊
     3 『定志通微経』 に見える元始天尊の前世物語
     おわりに

第3章 元始天尊をめぐる三教交渉
     はじめに
     1 『笑道論』 における元始天尊批判
     2 元始天尊の 「因縁」 をめぐって —— スダーナ太子本生譚の儒教的変容
     3 元始天尊の身相と自然・因縁一体説
     おわりに

  第三篇 道教経典と漢訳仏典

第1章 『海空智蔵経』 と 『涅槃経』
       —— 唐初道教経典の仏教受容
     はじめに
     1 作者・成立年代・テキスト
     2 各巻の梗概
     3 『海空智蔵経』 と 『涅槃経』
     4 離苦安楽の思想
     5 海 空
     おわりに

第2章 『海空智蔵経』 巻十 「普記品」 小考
       —— 道教経典と中国撰述仏典
     はじめに
     1 『海空智蔵経』 巻十と 『像法決疑経』
     2 「衆生の相」
     3 「神を返して海空蔵に入る」
     おわりに

第3章 仏典 『温室経』 と道典 『洗浴経』
     はじめに
     1 『温室経』 の流布と仏道論争 —— 『洗浴経』 成立の背景
     2 『洗浴経』 (敦煌写本 『太上霊宝洗浴身心経』)
     3 洗浴の儀規
     4 『沐浴身心経』 と 『太上玄都妙本清静身心経』
     おわりに

  第四篇 日本国内所蔵の道教関係敦煌写本

第1章 国立国会図書館所蔵の敦煌道経
     はじめに
     1 金録晨夜十方懺残巻 WB32-1 (3)
     2 道教叢書残巻 WB32-1 (30)

第2章 杏雨書屋所蔵の敦煌道経
     はじめに
     1 道教願文 杏雨書屋六七三R
     2 道経残簡 杏雨書屋六六六
     3 太玄真一本際経巻第七譬喩品 杏雨書屋六一六

第3章 京都国立博物館所蔵の敦煌道経
       —— 「太上洞玄霊宝妙経衆篇序章」 を中心に
     はじめに
     1 京都二五二 「太上業報因縁経巻第八」
     2 京都二五三 「太上洞玄霊宝妙経衆篇序章」
     3 道教史から見た 「太上洞玄霊宝妙経衆篇序章」

  第五篇 唐代道教と上清派

第1章 則天武后期の道教
     はじめに
     1 嵩山出土の金簡
     2 投龍と封禅
     3 「坐忘行心」 —— 王玄覧 『玄珠録』 の 「心」 の概念
     おわりに

第2章 司馬承禎 『坐忘論』 について
      —— 唐代道教における修養論
     はじめに
     1 司馬承禎の生涯
     2 司馬承禎の著作
     3 『坐忘論』 の内容とその特徴
     おわりに

補 論 石刻坐忘論をめぐって
     はじめに
     1 石刻坐忘論の内容
     2 七篇坐忘論を司馬承禎の作とすることについて
     3 先行諸研究の見解
     おわりに

第3章 司馬承禎と天台山
     はじめに
     1 天台山の霊墟
     2 桐 柏 観
     3 『上清侍帝晨桐柏真人真図讃』
     4 五岳真君祠
     おわりに

終 章
     1 『甄正論』 の道教批判
     2 霊宝経の仏教受容
     3 上清派の伝統へ

 注
 あとがき
 図表一覧
 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。