大学出版部協会

 

 戦後日本の人口・家族変動のなかで祖父母であること

祖父母であること 戦後日本の人口・家族変動のなかで

A5判 272ページ 上製
定価:4,500円+税
ISBN978-4-8158-0882-2 C3036
奥付の初版発行年月:2017年08月 / 発売日:2017年08月上旬

内容紹介

「お祖父さん/お祖母さん」 は 「お爺さん/お婆さん」 ではない ——。少子化対策等の前提にもなっている、幼い孫の手をひくお年寄りという姿は、もはや当たり前ではない。急激な平均寿命の伸びや晩婚化、性別役割分業の変化などを通して、「祖父母であること」 はどう変わってきたのか。ライフコースやジェンダーに着目し、そのリアルな 「現在」 をとらえる。

著者プロフィール

安藤 究(アンドウ キワム)

1961年愛知県生まれ。上智大学文学研究科博士後期課程満期退学。博士(社会学)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 人口・家族変動と 「祖父母であること」
       —— 「当たり前」 のなかの 「当たり前でないこと」
     1 戦後日本の人口変動と祖父母性
     2 戦後日本の家族変動と祖父母性
     3 二つの変動の重層的進行と祖父母性

第1章 先行研究
       —— 二つの変動から考える 「祖父母であること」
     1 人口変動という視点からの議論
     2 家族変動という視点からの議論
     3 二つの変動の重層的進行にかかわる議論

第2章 ライフコース・アプローチ
     1 祖父母性分析の要件
     2 ライフコース・アプローチ
     3 ライフコース論の基本的な視点と分析概念・原則
     4 ジェンダー化されたライフコース
     5 ライフコース論からの祖父母性への接近と分析課題の概要

第3章 祖父母性と人口変動 (1)
       —— 「お祖母さん」 は 「お婆さん」 ではない
     1 分析課題 —— ライフコース上の祖父母期の位置づけの変化
     2 データと方法
     3 分析結果
     4 考察 —— 祖父母と高齢者の概念的混同の背景とその存続

第4章 祖父母性と人口変動 (2)
       —— 祖父母となるタイミングと主観的加齢速度の加速
     1 分析課題 —— 孫の誕生のタイミングと加速される 「歳をとった」 感覚
     2 データと方法
     3 分析結果
     4 考察 —— 「歳をとった」 感覚の加速とジェンダー化されたライフコース

第5章 祖父母性と家族変動 (1)
       —— 非干渉原則に対する態度と家継承規範意識
     1 分析課題 —— 孫の育児への関わりにおける二つのベクトル
     2 データと方法
     3 分析結果
     4 考察 —— ジェンダーによって異なる非干渉原則に対する柔軟性

第6章 祖父母性と家族変動 (2)
       —— 男性稼ぎ主モデルの揺らぎと准親代わり経験
     1 分析課題 —— 限定的な育児補助から積極的な育児エージェントへの変化
     2 データと方法
     3 分析結果
     4 考察 —— 積極的な育児エージェントへの変化とジェンダーによる差異

第7章 祖父母性と人口・家族変動の重層的進行
       —— 新しい祖父母のスタイルとジェンダーによる複雑性
     1 分析課題 —— 新しい祖父性/祖母性への経路を探る
     2 データと方法
     3 分析結果
     4 考察 —— 加齢で変化する新しい祖父性と変化しない新しい祖母性

終 章 変容する 「祖父母であること」 の理解に向けて
       —— 「祖父母であること」 の今日的困難と可能性
     1 祖父母の今日的困難と可能性
     2 ステレオタイプ的な祖父母イメージを超えて

あとがき
参考文献・資料
図表一覧
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。