大学出版部協会

 

黒海地域の国際関係

黒海地域の国際関係

A5判 420ページ 上製
定価:6,300円+税
ISBN978-4-8158-0863-1 C3031
奥付の初版発行年月:2017年02月 / 発売日:2017年02月上旬

内容紹介

世界政治のフォーカルポイント ——。西欧・ロシア・中東の狭間に位置し、歴史上つねに国際政治の焦点だった黒海。冷戦後の EU/NATO とロシアの綱引きの中、紛争や跨境性を伴いつつトルコ、ウクライナ、ジョージア、バルカン諸国等が織りなす地域の動態を、外交・経済から宗教まで多面的に分析、その全体像を描き出した本邦初の著作。

著者プロフィール

六鹿 茂夫(ムツシカ シゲオ)

1952年 名古屋市に生まれる
1978年 上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻修士課程修了
1985年 ブカレスト大学大学院法学研究科博士課程修了
現 在 静岡県立大学大学院国際関係学研究科教授,
    同附属広域ヨーロッパ研究センター長,
    日本黒海学会会長,博士(法学)
編 著 『ルーマニアを知るための60章』(明石書店,2007年)
    『グローバル・ガヴァナンス論』(共編,法律文化社,2014年)
    『国際関係学への招待』(共編,三恵社,2003年)

黛 秋津(マユズミ アキツ)

東京大学大学院総合文化研究科准教授

上垣 彰(ウエガキ アキラ)

西南学院大学経済学部教授

横手 慎二(ヨコテ シンジ)

慶應義塾大学名誉教授

間 寧(ハザマ ヤスシ)

日本貿易振興機構アジア経済研究所地域センター中東研究グループ長

末澤 恵美(スエザワ メグミ)

平成国際大学法学部准教授

廣瀬 陽子(ヒロセ ヨウコ)

慶應義塾大学総合政策学部教授

月村 太郎(ツキムラ タロウ)

同志社大学政策学部教授

松里 公孝(マツザト キミタカ)

東京大学法学部教授

服部 倫卓(ハットリ ミチタカ)

ロシアNIS貿易会ロシアNIS経済研究所調査部長

安達 祐子(アダチ ユウコ)

上智大学外国語学部准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章
     はじめに
     1 黒海地域の地理的・歴史的概観
     2 黒海地域の特徴 —— 多様性、紛争、協力
     3 今なぜ黒海国際政治なのか?
     4 黒海は1つの地域か?
     5 日本と黒海地域

  第Ⅰ部 黒海の地域性 —— 域内協力と域外関係

第1章 黒海国際関係の歴史的展開 —— 20世紀初頭まで
     はじめに
     1 近世までの黒海地域 —— 1つの 「地域」 として
     2 転換点としての18世紀後半 —— 「オスマンの海」 から 「開かれた海」 へ
     3 19世紀前半のウィーン体制下の黒海地域
     4 19世紀後半から第一次世界大戦前夜までの黒海地域
     おわりに

第2章 20世紀黒海地域の国際政治
     はじめに
     1 イギリスの覇権と欧州に開かれた黒海 (1920年代)
     2 外部世界に閉ざされる黒海 (1933~36年)
     3 黒海をめぐる独ソの攻防 (1936~45年)
     4 黒海をめぐる米ソ対立 (第二次世界大戦直後)
     5 黒海地域における二極構造の弛緩と冷戦の終焉 (1948~89年)
     おわりに

第3章 冷戦後の黒海国際政治
     はじめに
     1 安全保障の真空をめぐる対立と協力 (1990年代前半)
     2 地域国際政治構造の転換 (1990年代後半)
     3 欧州化と二極化 —— 現状維持勢力と現状変更勢力 (2000年代前半)
     4 黒海地域をめぐる欧米とロシアの対立 (2005~08年)
     5 緊張高まる黒海地域 —— リセット、ウクライナ危機、露土対立 (2009~16年10月)
     おわりに

第4章 黒海地域の経済協力と国際経済関係
     1 黒海経済協力機構 (BSEC)
     2 各国経済の概況
     3 失業、財政赤字、経常収支赤字
     4 在外労働者の報酬・送金 —— 黒海地域国際経済関係の焦点
     5 域外経済関係と域内経済協力

  第Ⅱ部 域内国際関係

第5章 ロシアの政治変動と外交政策
     はじめに
     1 体制転換の中での模索
     2 NATO 拡大の余波とロシアの対応
     3 対米政策としての黒海地域政策
     おわりに

第6章 トルコの政治変動と外交政策
     はじめに
     1 歴史的関係
     2 AKP 政権のトルコと黒海地域 —— 多元外交、貿易・人の移動、エネルギー
     おわりに

第7章 ウクライナの政治変動と外交政策
     はじめに
     1 ウクライナにおける政治変動と外交
     2 ウクライナ外交における黒海地域
     3 ウクライナ危機
     おわりに

第8章 南コーカサスの政治変動と外交政策
     はじめに
     1 南コーカサス三国の概要と外交志向
     2 黒海地域における南コーカサスの国際関係
     おわりに

第9章 バルカンの政治変動と外交政策
     はじめに
     1 バルカンはどう理解すべきか
     2 「東方問題」 の過去
     3 「東方問題」 の現在
     おわりに

  第Ⅲ部 黒海地域の主要課題

第10章 長期化する紛争と非承認国家問題
     はじめに
     1 黒海地域におけるポスト冷戦時代の戦争・紛争
     2 黒海地域でなぜ多くの紛争が発生するのか
     3 黒海地域の紛争はなぜ長期化するのか
     4 非承認国家問題の難しさ
     5 人の移動
     おわりに —— 黒海地域の平和を阻む複雑な地政学

第11章 宗教とトランスナショナリズム —— レニンゴル、沿ドニエストル、クリミアに共通するもの
     はじめに
     1 黒海地域における宗教とトランスナショナリズム
     2 トランスナショナリズムの触媒としての非承認国家
     3 南オセチア・レニンゴル郡のジョージア人
     4 沿ドニエストル北部のカトリック
     5 クリミア・タタール
     おわりに

第12章 輸送・商品・エネルギーの経済関係 —— ロシアとウクライナの角逐を中心に
     はじめに
     1 黒海経済圏の実態
     2 世界の商品市場と黒海地域
     3 ウクライナ危機後の黒海経済圏
     おわりに

第13章 企業のトランスナショナリズム —— ロシアの天然ガスとウクライナ
     はじめに
     1 ロシアとウクライナの相互依存関係 —— 安いガス輸入とトランジット
     2 ガス輸入代金未払いの常習化とガス抜き取り問題
     3 仲介会社の登場
     4 ウクライナのガス部門とレント・シーキング
     5 プーチン政権誕生後の展開
     6 仲介会社の排除とその後
     おわりに

終 章
     はじめに
     1 1つの地域としての黒海地域
     2 紛争地帯としての黒海地域
     3 地域 「大国」 ロシアとトルコ
     4 国民国家と跨境性
     5 今後の研究の方向性


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。