大学出版部協会

 

 教祖以後を生きる新宗教と総力戦

新宗教と総力戦 教祖以後を生きる

A5判 368ページ 上製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-8158-0815-0 C3014
奥付の初版発行年月:2015年09月 / 発売日:2015年09月中旬

内容紹介

教祖亡き後、その存続をかけて自己形成をはかる新宗教。当局の介入や国家主義の高まり、戦時総動員の動きといった状況のなかで、指導者や信者たちは、前代の 「遺産」 をどう読み替え、信仰実践の地平を拓いてきたのか。天理教を事例に、人びとが生きた新宗教の実像に迫る。


目次

序 章 新宗教と総力戦
     はじめに
     1 新宗教の歴史性
     2 近代日本の宗教体系
     3 新宗教運動と国家との関係性をめぐる研究
     4 新宗教運動と戦争との関係性をめぐる研究
     5 本書の構成
     6 中山みきとは誰か —— ひとつの〝読み〟として

第1章 信仰共同体の危機と再構築 —— 飯降伊蔵と本席‐真柱体制
     はじめに
     1 教祖の死と信仰共同体の危機
     2 飯降伊蔵のライフ・ヒストリー
     3 中山真之亮と信仰共同体の闘い
     4 本席‐真柱体制の成立
     5 「おさしづ」 と親神共同体
     おわりに

第2章 戦前における中山正善の活動
       —— 宗教的世界の構築とその政治的位置について
     はじめに —— 「革新」 の問い
     1 中山正善という課題
     2 原 典
     3 収 集
     4 伝 道
     おわりに —— 宗教的世界の政治的位置

第3章 「革新」 の時代
     はじめに
     1 一派独立と国家主義への接近
     2 教団の発展と帝国主義
     3 「満洲天理村」 という実験
     4 「革新」 の断行

第4章 宗教経験としてのアジア・太平洋戦争 —— 〈ひのきしん〉 の歴史
     はじめに —— 〈ひのきしん〉 とは何か
     1 〈ひのきしん〉 は変化したか
     2 国家・戦争・〈ひのきしん〉
     おわりに —— 宗教経験としての総力戦

第5章 宗教のなかの 「聖戦」/「聖戦」 のなかの宗教 —— 〈ひのきしん〉 の思想
     はじめに —— 「聖戦」 とは何か
     1 日常の戦争
     2 「聖戦」 の教義
     3 〈ひのきしん〉 の思想
     おわりに —— 「聖戦」 と 〈ひのきしん〉

第6章 「復元」 の時代
     1 敗戦と天理教
     2 「天理教教典」 の成立
     3 「おふでさき註釈」 のテクストとコンテクスト
     4 アプレ・ゲールと天理教

終 章 動員への経路


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。