大学出版部協会

 

 白石直治と土木の世界ビジネス・インフラの明治

ビジネス・インフラの明治 白石直治と土木の世界

A5判 416ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-8158-0788-7 C3034
奥付の初版発行年月:2014年10月

内容紹介

起業にあたり自力でのインフラ建設が不可避であった時代に、鉄道、港湾、電力などの整備に奮闘し、多くの土木技術者を育てた白石直治。彼を中心とする緊密な人的交流や、先進的技術も取り入れた大規模工事の実態を通じ、日本の産業化の基盤形成に民間が果たした役割を浮彫りにする。


目次

序 章 明治期日本のインフラ・ビジネス/ビジネス・インフラと技術者
       (1) 近代的社会資本建設の時代
       (2) 土木技術者の年譜

第1章 近代土木技術者と教育 —— もう一つのインフラストラクチュア
     1 土木教育の機関と制度
       (1) 工部省と工部大学校
       (2) 開成学校・東京大学
       (3) 帝国大学工科大学
       (4) 攻玉社と工手学校
     2 明治前半の土木留学
       (1) 明治政府の留学政策
       (2) 初期留学者の諸相
       (3) 白石の海外留学
     3 補 論: 高等中学校

第2章 近代移行期の土木事業 —— 建設業界の構造と変遷
     1 土木事業と建設工事
       (1) 明治政府と土木事業
       (2) 建設業 (請負) の発展
     2 鉄道事業の興隆
       (1) 企業勃興と鉄道ブーム
       (2) 鉄道建設と土木技術者
       (3) 九州鉄道の揺籃期と高橋
     3 補 論: 技術者と兵役 (一年志願兵制度)

第3章 関西鉄道 —— 官の対岸の私鉄
     1 建設期の概観
       (1) 設立の経緯
       (2) 白石の社長就任
       (3) 建設工事の進捗
     2 幹線建設工事とトンネル
       (1) 鉄道建設におけるトンネル
       (2) 同時期の工事: 琵琶湖疏水第一トンネル
       (3) 加太越え三隧道
       (4) 幹線の開通開業と経営危機
     3 新線建設工事と橋梁
       (1) 名古屋、奈良への延伸
       (2) 鉄道建設における橋梁
       (3) 木曾・揖斐越え二橋梁
     4 自力建設時代の終焉
       (1) 買収戦略と白石の社長退任
       (2) 高橋・広沢と関西鉄道
       (3) 白石後の関西鉄道

第4章 若松築港 —— 海陸連携地域開発の要
     1 筑豊炭田をめぐって
       (1) 石炭と若松港
       (2) 筑豊興業鉄道
       (3) 三菱の動向
     2 若松港の発展
       (1) 若松築港会社の創業
       (2) 製鉄所
       (3) 若松港拡張工事
       (4) 港湾設備と戸畑の開発
     3 若松築港と白石
       (1) 社長就任の経緯
       (2) 白石の役割と若松港のその後

第5章 三菱の建築所 —— 近代移行期の企業内建設機能
     1 ビジネス・インフラの人材確保
     2 東京のビジネス・インフラ
       (1) 三菱為替店倉庫
       (2) 丸ノ内建築所
     3 神戸のビジネス・インフラ
       (1) 神戸建築所
       (2) 和田建築所
       (3) 再度、神戸建築所と東京倉庫
     4 朝鮮半島と長崎
       (1) 南韓鉄道調査・日韓瓦斯電気
       (2) 長崎造船所第三船渠

第6章 猪苗代水力電気 —— 次世代に向けてのエネルギー開発
     1 水力発電時代の幕開け
       (1) 明治初年の電気事情
       (2) 猪苗代湖と地域開発
     2 猪苗代水力電気と三菱
       (1) 日橋川の水利と新会社の発足
       (2) 三菱の電機事業
     3 建設工事の進捗
       (1) 発電計画
       (2) 第一期工事の諸相
       (3) 第二期工事とその後

終 章 白石直治をめぐる世界とその時代


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。