大学出版部協会

 

 文化大革命から鄧小平へ人民解放軍と中国政治

人民解放軍と中国政治 文化大革命から鄧小平へ

A5判 250ページ 上製
定価:5,500円+税
ISBN978-4-8158-0786-3 C3031
奥付の初版発行年月:2014年11月

内容紹介

文化大革命への解放軍の介入はいかにして起こり、その後の中国政治に何をもたらしたのか。新たな資料の博捜と独裁政治の制度論にもとづき、毛沢東の役割、林彪事件、中越戦争の理解を一新、改革開放に向けた大転換の知られざる道筋を示した、気鋭の著者による画期的論考。


目次

序 章 文化大革命とは何だったのか —— 新たな理解に向けて
     1 文化大革命と人民解放軍 —— 介入から統治へ
     2 人民解放軍による統治の謎
     3 中国政治の転換点の新たな全体像へ

第1章 独裁政治の制度論 —— 毛沢東、人民解放軍、文化大革命
     1 独裁政治の制度論
     2 毛沢東、人民解放軍、文化大革命
     3 文革期における軍部統治の展開 —— 本書の構成

第2章 軍部統治の形成 —— 論理と実体
     1 党組織の再建と軍
     2 対外危機と戦時体制の圧力
     3 軍部統治の構造 —— 領導の分散
     小 括

第3章 軍部統治と林彪、林彪事件
     1 林彪勢力と軍介入の拡大
     2 軍部統治の形成と林彪事件
     小 括

第4章 軍部統治の持続 —— 毛沢東のジレンマ
     1 軍部統治の弊害 —— 問題の認識へ
     2 初期の軍隊整頓
     3 地方の権力構造の解体
     小 括

第5章 軍部統治の解消へ —— 鄧小平と軍隊整頓
     1 整頓とは何か —— 機会と制約
     2 軍隊整頓の決断 —— 毛沢東の思惑
     3 軍隊整頓の執行 —— 鄧小平の思惑
     4 軍隊整頓の成果
     小 括

第6章 軍部統治の終焉 —— 革命から戦争へ
     1 鄧小平の復帰と軍隊整頓の再開
     2 軍隊整頓の拡大 —— 制度の回復と再建
     3 軍隊整頓と中越戦争
     小 括

終 章 改革開放への展開
     1 軍部統治の形成、持続、消滅 —— 毛沢東と人民解放軍
     2 文革、政軍関係と現代中国政治研究 —— 本書の含意


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。