大学出版部協会

 

 レバノン・ヒズブッラーの抵抗と革命イスラーム主義と中東政治

イスラーム主義と中東政治 レバノン・ヒズブッラーの抵抗と革命

A5判 480ページ 上製
定価:6,600円+税
ISBN978-4-8158-0750-4 C3031
奥付の初版発行年月:2013年11月

内容紹介

暴力と平和、過激と穏健 —— 真実はどこにあるのか。「自爆テロ」から民主政治まで多様な貌をもつイスラーム主義組織「ヒズボラ」の、知られざる実像を初めて明らかにすることを通して、激動するレバノン政治・中東政治・国際政治のダイナミクスを深部から描きだした気鋭の力作。


目次

序 章 イスラーム主義が動かす中東政治

  第Ⅰ部 国境を越える抵抗と革命 —— ヒズブッラーの誕生と発展

第1章 抵抗と革命を結ぶもの —— ヒズブッラーの誕生
     はじめに —— 抵抗組織か、それとも革命組織か
     1 トランスナショナルなアンブレラ組織
     2 イラン・イスラーム革命からレバノン戦争へ
     3 イランによる 「革命の輸出」
     4 シリアの戦略地政学
     おわりに —— 抵抗と革命を結んだもの

第2章 抵抗と革命の思想 —— 自爆攻撃を合理化する
     はじめに —— ヒズブッラー思想を腑分けする
     1 「公開書簡」 の思想
     2 「革命」 によるイスラーム国家の樹立
     3 力の行使を正当化するもの
     おわりに —— 抵抗と革命が結ばれたとき

第3章 国境を越える内戦とテロリズム —— イスラーム主義に震撼する冷戦構造
     はじめに —— 国際政治における 「内戦国家」
     1 宗派制度の光と影
     2 国家変容としてのレバノン内戦
     3 国境を越えるテロリズム
     4 大シリア地域システム
     5 冷戦下の国際システム
     おわりに —— 震撼する冷戦構造

  第Ⅱ部 多元社会のなかのイスラーム主義 —— レバノン化するヒズブッラー

第4章 「テロ組織」 が政党になるとき —— ヒズブッラーのレバノン化
     はじめに —— 「テロ組織」 は政党になれるか
     1 内戦の終結と第二共和制の成立
     2 逆風に立たされる抵抗と革命
     3 ヒズブッラーのレバノン化
     4 権力の二元的構造の下での政党
     おわりに —— 「武装政党」 の誕生

第5章 多極共存型民主主義におけるイスラーム政党 —— 民主主義・宗教・ナショナリズム
     はじめに —— イスラームと民主主義の接点を探る
     1 第二共和制の議会政治と選挙制度
     2 宗派制度へのコミットメント
     3 宗派横断的動員の強化
     4 アドホックなネイション
     おわりに —— イスラーム主義が支える民主政治と国民統合

第6章 対イスラエル闘争と中東和平問題 —— 紛争はなぜ終わらないのか
     はじめに —— 紛争はなぜ終わらないのか
     1 紛争の基本構図
     2 「対テロ戦争」 を生き抜く言説戦略
     3 対イスラエル闘争の新局面
     4 中東和平交渉のなかのヒズブッラー
     おわりに —— 終わらない紛争、遠のく和平

第7章 抵抗社会の建設と社会サービス —— サバルタン・ヒズブッラーの日常実践
     はじめに —— サバルタン・ヒズブッラー
     1 ヒズブッラーの組織構造
     2 ヒズブッラー系列NGOの諸相
     3 ベイルート南部郊外における社会サービス
     4 抵抗と革命を飼い慣らす
     5 抑圧者/被抑圧者のアイデンティティ・ポリティクス
     おわりに —— 軍事と政治の狭間に生きる

  第Ⅲ部 今日の中東政治の結節点 —— ヒズブッラー化するレバノン

第8章 「新しい戦争」 としての2006年レバノン紛争 —— 均衡はなぜ崩れたのか
     はじめに —— 崩壊した 「恐怖の均衡」
     1 2006年レバノン紛争 —— 均衡はなぜ崩れたのか
     2 「新しい戦争」 としての2006年レバノン紛争 —— 戦争はなぜ正当化されたのか
     3 新しい 「旧い戦争」?—— 暴力装置のハイブリッドからアマルガムへ
     4 「恐怖の均衡」 が生み出す安定と不安定 —— 新たな代理戦争の構図
     おわりに —— 「恐怖の均衡」 が再び崩れるとき

第9章 「杉の木革命」 による民主化とその停滞 —— レバノンのヒズブッラー化
     はじめに —— 民主化はなぜ座礁したのか
     1 合議による合意形成 —— 第17期国民議会選挙 (2005年)
     2 レバノンのヒズブッラー化 —— 親シリア派による 「反革命」
     3 新たな内戦の危機 —— エリートの対立から市民の対立へ
     4 「二大政党体制」 の盛衰 —— 第18期国民議会選挙 (2009年)
     おわりに —— 宗派制度における権力分有と権力闘争

第10章 「アラブの春」 で変わる中東政治 —— 保守としての抵抗と革命
     はじめに —— 流動化する中東政治
     1 レバノンにおける 「静かなる革命」—— レバノンのヒズブッラー化の到達点
     2 「アラブの春」 で蠢動するヒズブッラー —— 勢力拡大の好機
     3 シリアにおける 「アラブの春」—— 庇護者喪失の危機
     4 保守としての 「レジスタンス枢軸」—— 「30年戦争」 の継続
     おわりに —— 温存される紛争構造

終 章 イスラーム主義と中東政治の新時代
     1 イスラーム主義のフロントランナー
     2 中東政治の結節点
     3 地域研究の実践例


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。