大学出版部協会

 

 日本のエネルギー政策の再生に向けて原子力発電をどうするか

原子力発電をどうするか 日本のエネルギー政策の再生に向けて

四六判 192ページ 上製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-8158-0679-8 C3033
奥付の初版発行年月:2011年08月

内容紹介

エネルギー産業史研究の第一人者が、長年の蓄積にもとづいて、もっとも現実的で、かつ総合性に富んだ最適解を示す。歴史的難題をこえて、日本のエネルギー政策に新たな展望をひらくために、いま必要な取組みを信頼できる叙述で明快に論じた、渾身の提言。


目次

第1章 福島第一原子力発電所事故の衝撃
  1 2011年3月11日
  2 原子力政策の根本的見直し
  3 2004年・2008年の提言の再検証

第2章 日本における原子力発電の歴史が教えるもの
  1 国民的期待を受けてのスタート 1955~73年
  2 大原子力時代と国論の分裂 1974~85年
  3 国策民営方式による調整 1986~2002年
  4 原子力ルネサンスと政策的支援 2003~10年
  5 歴史の教訓

第3章 原子力発電の何が問題か
  1 重大事故の発生
  2 情報の隠蔽
  3 電源三法交付金による立地
  4 バックエンド問題の未解決
  5 国策民営方式の矛盾

第4章 原子力発電の危険性
  1 福島第一原発事故の原因
  2 原発の新たな安全基準をめぐる福井県と国との見解の齟齬
  3 危険性の最小化

第5章 原子力発電の必要性
  1 エネルギー安定供給 (Energy Security)
  2 経済性 (Economy)
  3 地球温暖化対策 (Environment)

第6章 福島第一原発事故後のエネルギー政策
  1 いくつかの原発縮小シナリオ
  2 再生可能エネルギーの普及と課題
  3 「火力シフト」 と天然ガス確保
  4 CO2削減の切り札としての石炭火力技術移転
  5 「第四の電源」 としての省エネルギーによる節電
  6 2030年の電源構成見通し

第7章 問われている課題


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。