大学出版部協会

 

文化と精読

文化と精読

四六判 420ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-8158-0467-1(4-8158-0467-2) C3098
奥付の初版発行年月:2003年09月

内容紹介

いま文学を読むとは何か?フェミニズムから歴史と文化の理論にいたる批評の焦点を明晰に 解説し、小説の成立、センティメンタリズム、ユートピア小説、植民地と教養、農村と「敬老」の文学など、大胆かつ精緻なテクストの読みを実践。知的興奮に満ちみちた新しい文学入門の誕生!


目次

序 文化と精読

Ⅰ 批評の焦点
   境界線の文学
   フェミニズム批評の混沌
   これからのディコンストラクション
   文学史が崩壊する
   ニューヒストリシズム
   文学、フィクション、歴史
   批評における均整について

Ⅱ 文学史再読
   最初は女
   涙の流れる文学史
   航海、帝国、ユートピア
   ジャマイカからの贈り物
   教養と国家
   田舎では農民が・・・・・・

結語 闇の中の遊園地


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。