大学出版部協会

 

 日本近代文学とジェンダー彼らの物語

彼らの物語 日本近代文学とジェンダー

四六判 328ページ 上製
定価:3,200円+税
ISBN978-4-8158-0342-1(4-8158-0342-0) C3095
奥付の初版発行年月:1998年06月

内容紹介

文学はどのようにして「男の仕事」となったのか。――明治三〇年代から大正期にかけて近代文学が自立してゆく過程は、文学という領域が新たな構造の もとにジェンダー化してゆくプロセスでもあった。本書は、ホモソーシャルな読者共同体の成立にいたるこの転換を鮮やかに描き出すともに、そこにおける 漱石テクストの振る舞いを精緻に分析する。


目次

序 章 隠喩としてのジェンダー

    第Ⅰ部 「文学」と読者共同体

第1章 境界としての女性読者――<<読まない読者>>から<<読めない読者>>へ
第2章 「作家」という職業――女性読者の抽象的排除
第3章 書くことと読むことにおけるジェンダー

    第Ⅱ部 男と男――語られる「女」語られない「女」

第4章 『虞美人草』――藤尾と悲恋
第5章 『三四郎』――美禰子と<謎>
第6章 『行人』――二郎と一郎

    第Ⅲ部 ホモソーシャルな読者共同体

第7章 『こゝろ』的三角形の再生産
第8章 逆転した『こゝろ』的三角形

    第Ⅳ部 男と女――可能性としての「女」

第9章 『こゝろ』――レトリックとしての「恋」
第10章 『明暗』――<嘘>の物語・三角形の変異体


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。