大学出版部協会

 

日本電力業の発展と松永安左ヱ門

日本電力業の発展と松永安左ヱ門

A5判 480ページ 上製
定価:6,500円+税
ISBN978-4-8158-0252-3(4-8158-0252-1) C3033
奥付の初版発行年月:1995年02月

内容紹介

現在のわが国の電力企業形態 (民営9電力体制) は,欧米諸国とは異なる独特の企業形態をもって,日本経済の発展に重要な役割を果してきた。本書は,わが国電力業の一貫した自立性を実証するとともに,電力業の体現者松永安左ヱ門の足跡と役割を日本経済史・経営史に正当に位置づける。


目次

序 章 課題と視角

   第Ⅰ部 電力業経営の自立性

第1章 戦前期日本電力業の資金調達と財閥
  第1節 課 題
  第2節 戦前期日本電力業の資金調達
  第3節 財閥と電力資本との関係
  第4節 電力外債と電力業経営

第2章 電力統制・国家管理と財閥・官僚
  第1節 課 題
  第2節 電力連盟の成立とその機能
  第3節 電力国家管理研究の新視角

第3章 電気事業再編成とGHQ
  第1節 課 題
  第2節 電気事業再編成の経過とその影響
  第3節 企業形態改変の諸プラン

第4章 民営9電力体制と通産省
  第1節 課 題
  第2節 1950年代前半 (1951~1955年)
  第3節 高度経済成長期 (1956~1970年)
  第4節 低成長期 (1971~1984年)
  第5節 小 括

   第Ⅱ部 松永安左ヱ門の役割

第5章 電源開発や資金調達における革新
  第1節 課 題
  第2節 松永と福沢桃介
        —— 対照的な電源開発方針とその帰結
  第3節 東邦電力の資金調達過程

第6章 先見的な電力統制構想と国家管理への反対
  第1節 課 題
  第2節 電力統制と5大電力経営者
  第3節 松永と出弟二郎
        —— 電力国家管理の成立要因

第7章 電気事業再編成におけるリーダーシップと再々編成問題への対応
  第1節 課 題
  第2節 電気事業再編成の主役は誰か
        —— 民営地域別9分割案の形成過程
  第3節 電気事業再々編成問題と松永

終 章 総括と展望


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。