大学出版部協会

 

ブッシュマンの民話

ブッシュマンの民話

A5判 288ページ
定価:2,800円+税
ISBN978-4-8140-0249-8 C0039
奥付の初版発行年月:2020年01月 / 発売日:2020年01月上旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

アフリカ大陸南部のカラハリ砂漠、草原に棲む動物たちがひしめきあい語り合いだまし合い、軽々と人に変身する。原初の想像力は縦横無尽に私たちを超えていく。半世紀にわたってブッシュマンの生活を追いかけてきた著者が民話を記録、特徴的なクリック音を再現しつつ語りのまま書き起こした。狩猟採集民の精神世界を語る、29話。

著者プロフィール

田中 二郎(タナカ ジロウ)

1941年京都生まれ。京都大学理学部卒業。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。理学博士。京都大学霊長類研究所助教授、弘前大学人文学部教授、京都大学アフリカ地域研究センター、アジア・アフリカ地域研究研究科教授を歴任。京都大学名誉教授。
専門は人類学、アフリカ地域研究。狩猟採集民ブッシュマン、ムブティ・ピグミー、遊牧民レンディーレ、ポコットなどを対象とした生態人類学的研究をおこなってきた。
主な著書に『ブッシュマン、永遠に。——変容を迫られるアフリカの狩猟採集民』(昭和堂、2008年)、『アフリカ文化探検——半世紀の歴史から未来へ』(京都大学学術出版会、2017年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき

第1章 神話——ピーシツォワゴ(創造主)が登場するお話

1 ダチョウの火を盗む
2 ドゥロンゴの知恵
3 アカシアに化けたピーシツォワゴ
4 ピーシツォワゴとトウツォワゴ(イボイノシシ)
5 コアテ(ピーシツォワゴの子)
6 赤ん坊に化けたピーシツォワゴ
7 エランドとハチミツ
8 ライオンとエランドとカメ
9 ピーシツォワゴとゴノツォワゴ

第2章 寓話——動物や植物についてのおとぎ話

10 リカオンとカメの競走
11 ジャッカルと犬
12 カエンカエンツォワゴ(プリーニア)とグアェネツォワゴ
(ケープ・グローリー・スターリング)
13 ハイエナとドゥロンゴ
14 コンコンツォワゴとコアツォワゴ(ゾウ)
15 ウサギとライオン
16 パラツォワゴとウサギ
17 ヌイツォワゴ(脂肪の子)
18 ツチブタ(ゴオツォワゴ、英名:アードワーク)の話
19 カーの根っこの話
20 母を助けた子

第3章 怪談——殺人鬼や怪物などのお話

21 アウチ(首のうしろに口をもつ怪人)
22 トボラーリ(アウチの変形)
23 クークチュル
24 2つの殺人と兄弟逆縁婚および姉妹逆縁婚
25 人殺し ケベレ
26 ホロホロチョウとクロエリノガン

第4章 近年導入された民話——近隣民族から借用したお話

27 ジャッカルとハイエナ
28 ニワトリとジャッカル
29 ウサギとクモ

あとがき
謝 辞
参考文献
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。