大学出版部協会

 

 ゲーテ『西東詩集』研究「ズライカの巻」を中心に愛と対話が開く宇宙

愛と対話が開く宇宙 ゲーテ『西東詩集』研究「ズライカの巻」を中心に

A5判 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-8057-5180-0 C3098
奥付の初版発行年月:2018年11月 / 発売日:2018年11月下旬

内容紹介

ゲーテは60代半ば、独訳を介して14世紀ペルシャの詩人ハーフィスの詩と出会い、ナポレオン戦争後の混乱のヨーロッパを逃れて東洋への想像上の旅を試みる。実際の旅はライン・マイン地方の故郷に向かい、そこで出会ったある女性との間に恋が生まれた。ゲーテはそれをオリエントを舞台とする文学的虚構に包み、東洋との対話、老年の諦念と智慧によって昇華し、自ら編集して叙情詩集『西東詩集』を生んだ。本書は実証的ゲーテ研究を踏まえつつも詩を詩として、詩集を詩集として読み味わうことを目指し、詩との自由な対話の中から、索漠として生きにくい時代を人間として「生き延びる」密かな智慧を読み取ろうとする。

著者プロフィール

野口 薫(ノグチ カオル)

中央大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

<主要目次>

第一章 『西東詩集』成立初期の詩をめぐって
第二章 「ティムールの巻」
第三章 「ズライカの巻」
第四章 『西東詩集』巻頭の詩、掉尾の詩
第五章 ゲーテとの往復書簡集に見るマリアンネ・ヴィレマーという女性


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。