大学出版部協会

 

グローバル・ヒストリー

グローバル・ヒストリー

B5判 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-8057-4151-1 C3020
奥付の初版発行年月:2018年04月 / 発売日:2018年05月上旬

内容紹介

従来とは異なる見方で人類の歴史を読み解き、人類共生の道を求める21世紀の世界史教科書。
内陸部から沿海部に交通の幹線が移動することによって、人類の政治や軍事、経済、社会の組織、
宗教、思想のあり方が大きく変貌していき、現代世界がつくられていくことを、豊富な図を駆使して体系
的かつ具体的に論じる。前3000年紀における都市と国家の形成から今日までの世界の歴史を読み
解く鍵は、交通史と都市史にある。ユーラシア大陸東部の歴史を一つのモデルとして世界史の構造を
さぐり、21世紀の混沌を生きる人々に新しい歴史像を提供する。

著者プロフィール

妹尾 達彦(セオ タツヒコ)

中央大学文学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

<主要目次>
第1部 グローバル・ヒストリーの理論と方法
第1講 人類史の大きな流れを把握する
第2講 3つの仮説 ─生態環境の境域で国家がつくられる─
第3講 前近代の世界システム ─生態環境と広域経済圏─
第4講 空間の分類 ─ユーラシア大陸東部・中央部・西部という空間設定の提唱─
第5講 時間の区分 ─4~7世紀と16~18世紀を画期とする三時期区分─
第2部 グローバル・ヒストリーの三段階─古典国家・農牧複合国家・近代国民国家─
第6講 初期国家 ─国家の始まり─
第7講 古典国家 ─前1000年紀における遊牧国家の形成と農業国家の再編─
第8講 農牧複合国家 ─4~7世紀の混乱と農牧複合の構築─
第9講 世界宗教圏 ─広域経済圏の形成と個人意識の確立─
第10講 都城時代の誕生 ─東アジアの都城時代と日本の建国─
第11講 “商業帝国” の交替 ─ソグド商人からイスラーム商人へ─
第12講 古典文化の復興運動 ─ユーラシア大陸の複数のルネサンス─
第13講 西欧の勃興と全球史(グローバルヒストリー) ─沿海都市網の拡大と近代国家の形成─
第14講 国民広場の誕生 ─視覚化される20世紀と目に見えない21世紀─
第3部 グローバル・ヒストリーとしての現在と未来
第15講 これからの世界:ユーラシア大陸経済圏の形成


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。