大学出版部協会

 

21世紀国際政治の展望

中央大学政策文化総合研究所研究叢書22
21世紀国際政治の展望

A5判 260ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-8057-1421-8 C3331
奥付の初版発行年月:2017年03月 / 発売日:2017年03月下旬

内容紹介

まず第1に、国際政治構造論や世界システム論を基礎に歴史的パワーシフト論を考察しつつ、米国から中国への覇権交代の可能性を検討する。第2に、地政学の観点からアメリカ外交や日本外交を考察・展望する。第3に、米ソ冷戦が終結し四半世紀経った21世紀における核兵器の意味を考察する。第4に、「帝国主義の時代」を彷彿とさせ不安定化の度を強める現代国際政治の中で、国連やASEAN地域、さらには中露EUや中東アラブ諸国と近接する地政学的に極めて微妙な位置にある準新興国と言えるトルコはどのように対応しようとしているのかを分析し今後を展望する。

著者プロフィール

滝田 賢治(タキタ ケンジ)

中央大学法学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

〈主要目次〉
第1 章 国際秩序と米中関係                          滝田 賢治
第2 章 覇権循環の歴史と世界システムの将来                  星野  智
第3 章 地政学の復活 ―21 世紀の国際秩序―                  島村 直幸
第4 章 21 世紀へ向けての「国連」多国間主義 ―事務総長の言説から―      内田 孟男
第5 章 核戦略理論の歴史 ―展開の系譜と未来への指標― 金子  讓
第6 章 地政学,価値観,米外交政策の将来 杉田 弘毅
第7 章 「台頭」中国の国際イメージ 土田 哲夫
第8 章 アジア・オセアニア地域の安全保障体系の変容と地域制度 鈴木 洋一
第9 章 新興国トルコの国際秩序観 ―その特徴と変遷― 今井 宏平

関連書

米中関係;パワーシフト論;世界システム;地政学;「国連」多国間主義;21世紀の核戦略理論;オバマ・ドクトリン;中国の国際イメージ;ARF;トルコの国際秩序観


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。