大学出版部協会

 

現代資本主義と国民国家の変容

中央大学社会科学研究所研究叢書 21
現代資本主義と国民国家の変容

一井 昭:編著, 渡辺俊彦:編著
A5判 320ページ
定価:3,700円+税
ISBN978-4-8057-1322-8 C3322
奥付の初版発行年月:2009年03月 / 発売日:2009年03月上旬

内容紹介

金融のグローバル化の進展は、米国発のサブプライムローン危機を世界中にばらまき、いまや現代資本主義は未曾有の危機に陥っている。本書は、1970年代半ばの変動相場制と基軸通貨ドル体制確立を世界経済変質の分水嶺だとの共通認識のもとで、IMFなどの国際経済機構やEUなどの地域経済圏の活動の強化によって、従来の国民国家の機能・権限の一部が変容しつつあると捉えている。このような研究視角は「グローバル化と国家」共同研究チームの土台である。他方、執筆者7名の論考は多岐にわたる。豊かな個性的見解を含む総括的な問題提起の3章までと、やや個別的な領域(多国籍企業)や対象(日本、中国・ハンガリー)を扱った4章以下を味わってほしい。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。