大学出版部協会

 

証拠に基づく少年司法制度構築のための手引き

日本比較法研究所翻訳叢書78
証拠に基づく少年司法制度構築のための手引き

A5判 上製
定価:3,700円+税
ISBN978-4-8057-0379-3 C3332
奥付の初版発行年月:2017年05月 / 発売日:2017年05月中旬

内容紹介

 少年司法制度の構築・改革に関する書(翻訳)。発達理論を重視する。メタ分析により析出した効果的プログラムを利用した少年司法制度の改革を説く。少年法の年齢引き下げなどが論じられている折、少年法制度の構築・改正を考えるうえで重要な視点を提供する。少年司法制度の改革・運用に携わる実務家、研究者、政策立案者、議員、学生、この問題に関心のある一般の人々、心理学の発達理論と犯罪の関係に関心のある研究者、学生、精神衛生と犯行・非行の関連に関心のある精神医学の実務家、研究者、学生等に有用な書。


目次

〈主要目次〉
第 1 章 はじめに
第 2 章 少年司法実務に重要な意味を持つリサーチ
第 3 章 証拠に基づく少年司法実務のための包括戦略
第 4 章 少年犯行者に対する証拠に基づく効果的な予防と介入プログラム
第 5 章 標準化されたプログラム評価手順
第 6 章 証拠に基づく実務の開始と証拠に基づく実務の維持
第 7 章 証拠に基づくプログラムの作成をサポートする八つの枢要な運用上のツール
第 8 章 結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。