大学出版部協会

 

 海外の学生とPBL / TBLで学び合うグローバル人材へのファーストステップ

グローバル人材へのファーストステップ 海外の学生とPBL / TBLで学び合う

A5判 210ページ
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7985-0271-7 C0037
奥付の初版発行年月:2019年10月 / 発売日:2019年10月中旬

内容紹介

九州大学では学部1,2年生を対象に、海外初心者でも行きやすいソウル、釜山、台北、ハワイを舞台とした、現地の学生と教え合いながら学ぶ楽しさを体験できるプログラムを提供している。協働学習の面白さを体験することで、長期留学に対する学生の興味、挑戦心を引き出すファーストステップとなるプログラムをどのように作り上げてきたのか、その秘訣を紹介する。

短期留学プログラムにPBL (Problem-Based Learning)とTBL(Team-Based Learning)を導入し、東アジア社会の共通課題について学ぶ協働学習の場を作り出す。充実した事前/事後のフォローを設定することで、学生達は目的意識をしっかり持って海外研修に参加でき、現地学生との PBL / TBLでは、異文化、異言語の学生たちとの議論を通して協働学習の意義を理解するようになる。英語での議論が苦手な初級者でも参加し易いように工夫するなど、様々な取り組みについて紹介する。

前書きなど

協働学習の面白さを体験できる
短期留学プログラムの作り方

著者プロフィール

崔 慶原(チェ ギョンウォン)

九州大学韓国研究センター准教授
慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了、博士(法学、慶應義塾大学)
専攻分野:東アジアの国際関係、日韓関係

主要業績:
『冷戦期安全保障関係の形成』(慶應義塾大学出版会、2014)
『日韓が共有する近未来へ』(共編、本の泉社、2015)
「日韓米国際共同教育プログラム『アジア太平洋カレッジ』  Campus Share による
  グローバル人材育成」(『基幹教育紀要』第2号、2016)
『現代の国際政治[第4版]  変容するグローバル化と新たなパワーの台頭』(共著、
  ミネルヴァ書房、2019)など

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 まえがき

第1章 CAP の概要

 1.1 プログラムの構成
 1.2 目的  グローバル人材へのファーストステップ
 1.3 特徴  海外の学生とPBL/TBL で学び合う
 1.4 本書のねらい
 1.5 本書の構成

第2章 PBL とTBL の導入

 2.1 導入の経緯
 2.2 カリキュラム

第3章 参加者の募集

 3.1 募集方法
 3.2 募集時期
 3.3 応募資格
 3.4 参加費用
 3.5 渡航支援
 3.6 書類審査と面接による選抜
 3.7 合格者オリエンテーション

第4章 事前研修

 4.1 事前研修の構成
 4.2 事前学習
 4.3 英語クラス
 4.4 OB, OG との座談会
 4.5 安全教育
 4.6 事前アンケート

第5章 海外研修

 5.1 CAP in Seoul-Fukuoka 2018
 5.2 CAP in Taipei-Fukuoka 2018
 5.3 CAP in Hawaii 2018

第6章 事後研修

 6.1 事後アンケート
 6.2 レポート
 6.3 総括ワークショップ
 6.4 報告会

第7章 次のステップへ

 7.1 OB, OG 座談会
 7.2 卒業生からの報告

 あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。