大学出版部協会

 

通信産業の経済学 R1

通信産業の経済学 R1

A5判 356ページ 並製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-7985-0264-9 C3033
奥付の初版発行年月:2019年10月 / 発売日:2019年10月中旬

内容紹介

本書は、通信産業と通信政策、さらにはインターネットをめぐる経済理論を平易に解説する。学部生やビジネスマンは、高度な技術的・数学的知識を必要とすることなく、スマート社会を生き抜くための基礎的教養を学ぶことができる。

技術進歩が著しく速い通信分野を取り扱う本書では、取り上げた具体例が陳腐化するスピードは極めて速い。本書が前著『通信産業の経済学2.0』に引き続き、通信経済学という分野に対する読者の知的好奇心を少しでも掻き立て、広大なネットビジネスを進む道標となることを期待したい。

著者プロフィール

実積 寿也(ジツヅミ トシヤ)

中央大学総合政策学部 教授
郵政省(現、総務省)、長崎大学、日本郵政公社、九州大学を経て、2017年より現職。東京大学法学部卒業(法学士)、New York University経営大学院修了(MBA[Finance])、早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了(博士[国際情報通信学])。安倍フェロー(2006年度)としてコロンビア大学CITIにてvisiting scholar。専門は通信政策、インターネット政策、および通信経済学。

主要著書
『ネットワーク中立性の経済学』、2013年、勁草書房
『IT投資効果メカニズムの経済分析』、2005年、九州大学出版会

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

    第 1 部 通信と政府の役割
第 1 章 市場に対する政府の関与
第 2 章 産業政策の基礎理論
第 3 章 情報の価値

    第 2 部 通信サービスの経済特性
第 4 章 ネットワーク効果
第 5 章 ネットワーク効果の影響
第 6 章 通信サービスの生産

    第 3 部 通信市場と規制
第 7 章 参入規制と料金規制
第 8 章 伝統的規制の限界と解決策
第 9 章 新規参入の促進

    第 4 部 通信産業からネット産業へ
第10章 ネットワークの整備
第11章 ネット産業の経済学
第12章 ネット産業の政策課題


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。