大学出版部協会

 

 アフォーダンス理論で世界と出会う保育実践へのエコロジカル・アプローチ

保育実践へのエコロジカル・アプローチ アフォーダンス理論で世界と出会う

A5判 上製
定価:4,500円+税
ISBN978-4-7985-0256-4 C3037
奥付の初版発行年月:2019年04月 / 発売日:2019年04月中旬

内容紹介

日々の保育のなかで子どもたちが出会っている「環境」を理解するにはどのようなアプローチが必要なのか。本書は、筆者自身が保育者として経験した事例を、エドワード・リードの生態学的経験科学の立場から記述・考察することで、理論と実践を往還する新たな保育環境論を構築する。その軸となるのが、「出会われていない環境」の概念である。保育者と子どもを取り巻く環境は、未だ出会われざる側面を隠しつつそこにある。「ありふれた日常」がもつ豊かな保育の可能性を掘り起こす、「エコロジカル・アプローチ」提唱の書。

著者プロフィール

山本 一成(ヤマモト イッセイ)

九州大学大学院人間環境学府を修了後、京都造形芸術大学こども芸術大学にて
芸術教育士として勤務し、保育実践の経験を積む。退職後、京都大学大学院
教育学研究科にて博士(教育学)を取得。現在、滋賀大学教育学部講師。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 はじめに
 初出一覧
 凡  例

序 章 保育実践へのエコロジカル・アプローチに向けて

 1.本研究の問題意識
 2.本研究の構成

  第?部 生きられた環境の保育実践研究の必要性

第1章 環境概念についての理論的諸問題
      「生きられた環境」の記述へ向けて

 1.ダーウィンの進化論  世界観の変容と有機体─環境論の誕生
 2.ユクスキュルの環境論  動物が生きる環境への問い
 3.シェーラーの人間論  人間の世界の固有性への問い
 4.デューイの経験論  有機体─環境のトランザクションとしての経験と成長
 5.教育的状況において生きられた環境を記述する方法

第2章 保育環境研究とその課題
      保育環境研究のメタ理論の必要性

 1.保育環境研究とその課題
 2.体験の保育学とその課題

第3章 現象学的保育研究の功績と課題
      他なるものの意味作用の背景化

 1.フッサールの現象学的方法
 2.現象学的保育研究における理論的課題
 3.保育環境の実在論に基づく生きられた経験の科学へ

  第?部 エコロジカル・アプローチに基づく生きられた環境の保育実践研究論

第4章 記述される経験の側面性と記述の相補性
      プラグマティズムを手がかりにした保育実践研究論

 1.経験を記述する保育実践研究─表情的記述と機能的記述
 2.記述される経験の側面性
 3.プラグマティズムから保育実践研究を捉えなおす
 4.保育実践研究の地平  経験の多様性の尊重へ向けて

第5章 環境の「意味」と「価値」の記述と経験の成長
      エドワード・リードの生態学的経験科学

 1.エコロジカルな「意味」と「価値」を含んだ経験科学の構築
 2.多元的リアリティをもつ経験概念の再興
 3.経験の成長へ向けた探求  記述のパラドクスを超えて
 4.子どもにとっての「意味」と「価値」を探求すること

第6章 「そこにあるもの」のリアリティの探求
      「自然な実在論」から捉えなおす保育環境のアフォーダンス

 1.保育者は子どもと「共通のリアリティ」をもつことができるのか
 2.パトナムの「自然な実在論」
 3.アフォーダンスの記述を通した環境のリアリティの探求
 4.保育における「そこにあるもの」の価値

  第?部 生きられた環境の記述的保育実践研究

第7章 人的環境:「みんなにとってのヒロシ」との出会い

 1.主体性のジレンマとその克服の試み
 2.人間─環境のトランザクションの記述から教育的関わりを問いなおす
 3.保育者─環境─子どもという系の記述
 4. 「環境としての子ども」の記述
 5. 「みんなにとってのヒロシ」のリアリティと研究の課題

第8章 物的環境:「贈与される砂」との出会い

 1.環境を通した保育と環境との出会いの創発性
 2. 「ありふれたもの」の充たされざる意味
 3.潜在する環境の「意味」と「価値」との出会い
 4.保育環境に潜在する「意味」と「価値」に開かれること

第9章 自然や社会の事象:「気づかれていない命」との出会い

 1.保育者と子どもはどのように自然と出会うか
 2.種との出会い:「くりかえす命」のリアリティ
 3.野菜との出会い:「食べられる命」のリアリティ
 4.馬との出会い:「表現する命」のリアリティ
 5. 「気づかれていない命」と自然体験
 6.エコロジカル・アプローチの射程と限界

終 章 生活のなかで日常を超えるエコロジカル・アプローチ
      保育における「出会われていない環境」の探求と自己変容

 1.日常を超えることの教育的意味
 2.環境との出会いの記述がメディアとなるとき
 3. 「出会わせようとする」ことの陥穽
 4.保育環境への姿勢
 5.私自身にとっての保育環境のリアリティ

 文献一覧
 あとがき
 索  引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。