大学出版部協会

 

 近代産業に息づく民俗的想像力養蚕と蚕神

養蚕と蚕神 近代産業に息づく民俗的想像力

A5判 332ページ 上製
定価:5,600円+税
ISBN978-4-7664-2644-1 C3021
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年02月上旬

内容紹介

蚕を育てる女たち、
その身体技術と近代科学の融合

科学知と在来知、国家イデオロギーと民俗的想像力――。
国家政策と女性たちの感情・感覚のせめぎ合いから、
近代養蚕業の新たな姿を紡ぎ出す。

なにごとも 蚕が思うままにして
さからわぬこそ 蚕のみち

繊細を極め、人の手を借りなければ生きられない〈お蚕さま〉。
その飼育を担ったのは近代的な大工場ではなく、
農村の女性たちの熟練した身体的技術と、連綿と受け継がれてきた民俗的想像力だった。
近代産業のもう一つの側面を鮮やかに織り上げる、気鋭の力作。

著者プロフィール

沢辺 満智子(サワベ マチコ)

1987年生まれ。2017年、一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻博士課程修了。博士(社会学)。学習院大学客員研究員、多摩美術大学非常勤講師。主な論文に「育てる身体と感覚――『養蚕秘録』に見る人間と蚕の関係」(足羽與志子・中野聡・吉田裕編『平和と和解――思想・経験・方法』旬報社、2015年)、共著書に『VIVID銘仙――煌めきの着物たち』(青幻舎、2016年)等。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 養蚕と蚕神
1 養蚕と近代日本
2 近代産業化と民俗的想像力
3 女性たちの身体感覚・民俗信仰
4 本書の構成
5 蚕の生態
6 日本養蚕史概観――十九世紀の開国以前まで

  Ⅰ部 養蚕の国策近代産業化――蚕を巡る制度・科学・イデオロギー

 第一章 在来知から科学知へ――蚕種生産を巡る知の体系
1 養蚕業の国策化における蚕種の重要性
2 蚕種の科学化—蚕病予防から蚕種統一への転換
3 優性の法則と蚕
4 蚕と国民身体――国家が管理する命

 第二章 育てる技術の標準化と限界
1 蚕書に見る養蚕技術の再編――標準への志向性
2 養蚕技術の近代化――「養蚕標準表」の成立
3 留保される標準化――高山社の指導法にみる身体

 第三章 近代養蚕農家への再編――製糸会社の台頭
1 蚕種生産と中心の移動――農村・政府・製糸会社
2 組織化と養蚕の実践――養蚕組合と特約取引 
3 鐘紡の養蚕工場構想とその限界 
4 近代養蚕農家と女性

 第四章 宮中養蚕にみる国家イデオロギーと蚕
1 明治政府による宮中養蚕の開始
2 再編される宮中養蚕――皇室と科学知との接近
3 育てる国母と殖産興業――養蚕と良妻賢母像
4 昭和戦時体制と宮中養蚕

  Ⅱ部 金色姫物語の近代――養蚕における民俗的想像力の諸相

 第五章 蚕影信仰と金色姫
1 近代化政策における民俗領域
2 養蚕の神々
3 養蚕信仰の中心・蚕影神社――縁起・信仰圏・金色姫物語
4 民俗神としての蚕神・金色姫
5 金色姫の社会的地位
6 民俗的想像力と金色姫の親和性

 第六章 金色姫物語と女性たち
1 女性たちの金色姫
2 女性の身体守護としての金色姫
3 蚕母――接近する女性の身体と蚕
4 女性救済の金色姫――富士講・蚕和讃に見る女性の身体

 第七章 蚕を育てる感覚と想像力
1 蚕を育てる人間の身体
2 感情を持つ蚕――信仰の起点
3 育てる身体と金色姫物語――蚕の命と金色姫の命
4 蚕の変態、そして生と死

 第八章 金色姫と皇后――女性たちの金色姫から、国民の金色姫へ
1 動員される神々――国策産業と金色姫
2 養蚕組合と金色姫信仰
3 富国強兵開祖神――皇后と金色姫

 終 章 近代産業化と民俗的想像力
1 国家の虫・蚕への道程
2 技術に残り続けた感覚と民俗
3 民俗的世界を強化した国家政策
4 近代化の再検討に向けて


あとがき
初出一覧
参考文献
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。