大学出版部協会

 

 日本型ODAの形成日本の東南アジア援助政策

日本の東南アジア援助政策 日本型ODAの形成

A5判 272ページ 上製
定価:5,000円+税
ISBN978-4-7664-2623-6 C3031
奥付の初版発行年月:2019年09月 / 発売日:2019年09月中旬

内容紹介

日本型ODAの戦略とは何だったのか?

第二次世界大戦後の賠償から生まれ、東西冷戦を背景に
日本の経済復興と東南アジアの開発が結びついた過程と、
「日本型ODA」の特徴が生まれた背景およびその戦略を探る。

著者プロフィール

大海渡 桂子(オオカイド ケイコ)

上智大学国際部大学院・経営管理学修士(MBA)、
慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了(政治学専攻)、博士(法学)。

世界銀行(工業局)フィナンシャル・アナリスト、海外経済協力基金(現国際協力機構)
債権管理部長、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)事務局次長等を歴任。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 黎明期の日本のODAはどのような存在だったのか

第一章 現地産業の育成支援開始

第二章 賠償の援助化と資本財賠償の導入

第三章 輸出振興と資源確保を支えた輸銀の開発援助

第四章 アジアの経済インフラ建設を支援した円借款

第五章 「東南アジア開発援助政策」と「日本型ODA」を超えて

終 章 戦後復興とアジアの経済建設のために


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。