大学出版部協会

 

新・考える民法 Ⅱ 物権・担保物権

新・考える民法 Ⅱ 物権・担保物権

A5判 352ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-7664-2601-4 C3332
奥付の初版発行年月:2019年04月 / 発売日:2019年04月上旬

内容紹介

▼究極の民法演習書!
これをやっておけば怖いものなし

司法試験の論文試験には何が求められるのか?
本番形式の問題に対して、出題の趣旨、論点の重要度、答案作成に関するコメントなどを随所につけ、改正民法に対応した解説で重要論点を徹底解明。答案構成サンプルも付し、実際の論文試験で圧倒的な論文を書く力を養う、究極の民法事例演習書、第Ⅱ巻!

▼考え抜いて、
論文試験をコンプリートせよ。

著者プロフィール

平野 裕之(ヒラノ ヒロユキ)

慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。早稲田大学法学部非常勤講師、日本大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師。
1981年司法試験合格,1982年明治大学法学部卒業,1984年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了,1984年明治大学法学部助手,1987年明治大学法学部専任講師,1990年明治大学法学部助教授,1995年明治大学法学部教授を経て現職。
著書に,『新債権法の論点と解釈』(慶應義塾大学出版会,2019年),『新・考える民法I―民法総則』(慶應義塾大学出版会,2018年),『債権各論I 契約法』(日本評論社,2018年),『民法総則』『担保物権法』『債権総論』(日本評論社,2017年),『物権法』(日本評論社,2016年),『コア・テキスト民法III 担保物権法』(新世社,2019年),『同II 物権法〔第2版〕』『同V 契約法〔第2版〕』『同VI 事務管理・不当利得・不法行為〔第2版〕』(新世社,2018年),『同I 民法総則〔第2版〕』『同IV 債権総論〔第2版〕』(新世社,2017年),『民法総合3 担保物権法〔第2版〕』(信山社,2009年),『同5 契約法』(信山社,2008年),『同6 不法行為法〔第3版〕』(信山社,2013年),『製造物責任の理論と法解釈』(信山社,1990年),『保証人保護の判例総合解説〔第2版〕』(信山社,2005年),『間接被害者の判例総合解説』(信山社,2005年)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

No.1 取得時効1
No.2 取得時効2
No.3 取得時効・物権的請求権
No.4 物権的請求権
No.5 不動産物権変動1(第三者の主観的要件)
No.6 不動産物権変動2(取消しと登記など)
No.7 即時取得
No.8 共 有
No.9 抵当権の目的物
No.10 抵当権の侵害
No.11 抵当権の賃料への物上代位
No.12 賃貸不動産の譲渡及び譲渡担保
No.13 不動産の譲渡担保
No.14 集合動産及び集合債権譲渡担保
No.15 所有権留保


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。