大学出版部協会

 

 ヨーロッパ国際秩序の再編イギリスの対独「宥和」 一九二四-一九三〇年

イギリスの対独「宥和」 一九二四-一九三〇年 ヨーロッパ国際秩序の再編

A5判 304ページ 上製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-7664-2595-6 C3031
奥付の初版発行年月:2019年04月 / 発売日:2019年04月上旬

内容紹介

イギリスの対独宥和は、いかなる理由で追求されたのか?

第一次世界大戦が終結しても反目を続けるフランスとドイツを前に、
ヴェルサイユ条約の修正を選んだ1920年代後半のイギリス外交を
政策決定者の対外認識から再検討し、従来の「宥和=失敗」説を問い直す試み。

著者プロフィール

藤山 一樹(フジヤマ カズキ)

日本学術振興会特別研究員。
1986年生まれ、慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了、博士(法学)。
主要業績:『イギリスとアメリカ――世界秩序を築いた四百年』(共著、勁草書房、2016年)、デイヴィッド・A・ウェルチ『苦渋の選択――対外政策変更に関する理論』(共訳、千倉書房、2016年)、「英米戦債協定の成立とイギリス外交、一九二〇-一九二三年」(『国際政治』 180号、2015年3月)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論 第一次世界大戦後のヨーロッパとイギリス外交
第一章 イギリスの対独「宥和」成立の背景
第二章 連合国ラインラント占領をめぐるイギリス外交、一九二四-一九二七年
第三章 ヴェルサイユ条約対独軍縮をめぐるイギリス外交、一九二四-一九二七年
第四章 ラインラント非武装化をめぐるイギリス外交と占領終結への道、一九二八-一九三〇年
結論 対独「宥和」の意義と限界

参考文献
あとがき
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。