大学出版部協会

 

 近代の〈女らしさ〉と〈男らしさ〉逸脱の文化史

逸脱の文化史 近代の〈女らしさ〉と〈男らしさ〉

四六判 244ページ 上製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-7664-2592-5 C0022
奥付の初版発行年月:2019年04月 / 発売日:2019年04月上旬

内容紹介

自由を求めて欲望のままに生きた「逸脱者」たち

独身、同性愛、フェティシズム、サド=マゾヒズム……
激動の近代、既存の枠組みに収まらない人々はどう生きたのか?

逸脱にはさまざまな形が存在する。規範があるから逸脱があり、規範がなければ逸脱も存在しない。逆に逸脱の多様性は、社会を規定する明示的、あるいは暗黙の規範を浮き彫りにする。近代フランスの社会は、男女の身体、情動、欲望をめぐってどのような規範を課し、逸脱はどのように表象されたのか? 小説、自伝、日記、医学書、性科学の啓蒙書などの言説をつうじて読み解いていく。

著者プロフィール

小倉 孝誠(オグラ コウセイ)

1956年生まれ。パリ・ソルボンヌ大学文学博士。慶應義塾大学文学部教授。専門は、近代フランスの文学と文化史。著書に、『愛の情景』(中央公論新社、2011年)、『恋するフランス文学』(慶應義塾大学出版会、2012年)、『革命と反動の図像学』(白水社、2014年)、『写真家ナダール』(中央公論新社、2016年)、『ゾラと近代フランス』(白水社、2017年)など。訳書に、フローベール『紋切型辞典』(岩波文庫、2000年)、ユゴー『死刑囚最後の日』(光文社古典新訳文庫、2018年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに  
 規範と抵抗/逸脱と病理の位置づけ/本書の構成
 
 第Ⅰ部 女たち

第一章 若い娘たちの表象──魂から身体へ  
 「若い娘」という形象/「夢の女」たちの系譜/夢の女から若い娘へ/
 ロマン主義時代の若い娘/「生理学」の言説/十九世紀末における若い
 娘の変貌――モーパッサンとグールモン/エドモン・ド・ゴンクール作
 『シェリ』の意図/若い娘の身体と病理

第二章 感応遺伝という神話  
 感応遺伝とは何か/先駆者プロスペル・リュカの著作/ミシュレと愛の
 言説/ゾラの『マドレーヌ・フェラ』/ギヨームの嫉妬と苦悩/マドレ
 ーヌと身体の宿命/救済なき原罪/世紀末文学からテレゴニーへ

第三章 逸脱した女たち  
 『ヴィーナス氏』あるいはセクシュアリティーの転倒/サディズムから
 両性具有へ/フラートする女たち/マルセル・プレヴォーの『半処女』
 /モードの選択の両義性/フラートとブルジョワ娘の反応/「ギャルソ
 ンヌ」の時代/モニックの生き方/社会現象としてのギャルソンヌ
 
 第Ⅱ部 男たち

第四章 独身者の肖像  
 人口減少の脅威/性科学が結婚を推奨する/独身者は社会の脅威であ
 る/独身者の実態とイメージ/ボヘミアンとダンディー/女の独身者
 たち/女嫌いの文学/芸術と家庭の対立

第五章 倒錯の性科学  
 倒錯という現象/同性愛者の身体/『ソドムとゴモラ』/サディズム/
 マゾヒズム――ルソー『告白』/秘められた悦楽/マゾヒズムの原型
 ――『毛皮を着たヴィーナス』/『ナナ』から『O嬢の物語』へ

第六章 フェティシズムの誘惑  
 宗教から性科学へ/ビネによるフェティシズムの分類/性科学から法医
 学へ/クラフト=エービングとフロイト/『ムッシュー・ニコラ』――
 足のフェティシズム/オクターヴ・ミルボー『ある小間使いの日記』/
 温室のエロス/髪の誘惑

第七章 変質論の系譜  
 時代の強迫観念/変質論の展開/変質とユイスマンスの『さかしま』/
 ゾラと変質論の変奏

おわりに

あとがき

索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。