大学出版部協会

 

 組織の所有アプローチ企業所有論

企業所有論 組織の所有アプローチ

A5判 450ページ 上製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-7664-2585-7 C3033
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年03月上旬

内容紹介

〈所有〉から考える企業の〈かたち〉

株主所有の株式会社が唯一効率的な形態であるという偏見を覆し、
企業形態の多様性を具体例で示した古典的著作

▼企業のカタチは、株式会社だけでない。
▼多様な組織のあり方を「所有権」から解き明かした古典。
▼これからの企業組織を考えるうえで必読の文献!

企業形態として最もメジャーなのは株式会社である。これは所有の視点からみると投資家が会社を所有しているということだが、その理由は経営上、最も効率的であるからである。しかしこれが唯一の形態ではない。消費者所有、生産者所有、相互組合、NPO 等、現実には様々な所有形態の企業が存在する。本書は、そうした企業が存在する理由を、所有権とガバナンスの観点から分析した古典である。現在、そして未来の企業組織を考えるうえで必読の文献である。

著者プロフィール

ヘンリー・ハンズマン(ヘンリー ハンズマン)

1945年生まれ。イェールロースクール教授。イェール大学で法律学と経済学を学んだ後、経済学のPh.D. を取得。企業組織に関する法と経済学を専門とする。共著に『会社法の解剖学――比較法的&機能的アプローチ』(布井千博監訳、レクシスネクシス・ジャパン)がある。

米山 高生(ヨネヤマ タカウ)

東京経済大学経営学部教授、一橋大学名誉教授。一橋大学経済学研究科後期博士課程修了。京都産業大学教授、一橋大学大学院教授を経て現職。専門は経営史、保険理論。著書に『リスクと保険の基礎理論』(同文館出版)『物語で読み解くリスクと保険入門』(日本経済新聞出版社)、共訳にハリントン&ニーハウス『保険とリスクマネジメント』(東洋経済新報社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき

序章

 第Ⅰ部 企業所有の理論
第1章 分析のフレームワーク
第2章 契約のコスト
第3章 所有のコスト

 第Ⅱ部 生産者所有企業
第4章 投資家所有企業
第5章 従業員所有の利益とコスト
第6章 従業員所有企業のガバナンス
第7章 農業協同組合およびその他の生産者協同組合

 第Ⅲ部 消費者所有企業
第8章 小売・卸売・供給企業
第9章 電力・ガス・水道などの公益事業
第10章 クラブおよびその他のメンバー組織
第11章 住宅供給

 第Ⅳ部 非営利・相互企業
第12章 非営利企業
第13章 銀行
第14章 保険会社

終章 結論

『企業所有論』のインパクト――訳者のあとがきにかえて

出典
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。