大学出版部協会

 

精選 折口信夫 第Ⅰ巻 異郷論・祭祀論

精選 折口信夫 第Ⅰ巻 異郷論・祭祀論

四六判 296ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-7664-2548-2 C0395
奥付の初版発行年月:2018年11月 / 発売日:2018年11月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

折口信夫の最後の弟子が
後世に残す
折口信夫のエッセンス
日本人の神観念を一新させた「まれびと」発見への道程

本シリーズは、折口信夫(1887年~1953年) の学問研究および釈迢空の筆名で発表された詩歌の作品をも含めた、全著作からのアンソロジー。編者は、最後の弟子であり、歌人でもある岡野弘彦。以前から心に秘めていた師・折口信夫の精選の「詞華集」である。

折口は生涯に亘って何を求めたのか――。若い人々の篤い心で読まれることを企図している。

日本人の神観念を一新させた折口信夫の「まれびと」。日本列島に住み着いた祖先の異郷への憧憬と、その異郷から時を定めて来訪する神は、人にして神なるものであり、人の扮した神であるから「まれひと」である、という発見への道程を、本『精選Ⅰ』では「文学以前」「芸能以前」とも言うべき南方論を含む「異郷論」、「聖水信仰論」、「祭祀論」などでとらえるものである。

著者プロフィール

折口 信夫(オリクチ シノブ)

歌人・詩人、国文学・民俗学・芸能史・宗教学者。筆名・釈迢空。
大阪府木津村生れ。國學院大学卒業。國學院大学教授、および慶應義塾大学教授。
1953年9月3日逝去(66歳)。能登の墓所に養嗣子春洋とともに眠る。

岡野 弘彦(オカノ ヒロヒコ)

1924年、三重県生れ。歌人。日本芸術院会員、文化功労者、國學院大学名誉教授。
國學院大学國文科卒業。昭和22年から28年9月の逝去まで、折口信夫と生活を共にして世話をする。
『折口信夫全集』『折口信夫全集ノート編』の編集に参加。
折口信夫論として『折口信夫の晩年』『折口信夫の記』『折口信夫伝』がある。

長谷川 政春(ハセガワ マサハル)

1939年、生れ。国文学者。清泉女子大学名誉教授。岡野弘彦の弟子として、折口信夫全集の編纂に携わる。専門は、古典文学および折口信夫。『折口信夫 孤高の詩人学者』(共著)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 凡 例

妣が国へ・常世へ 異郷意識の起伏
国文学の発生(第三稿)まれびとの意義
 *
琉球の宗教
水の女
若水の話
 *
神道に現れた民族論理
道徳の発生
 *
ほうとする話 祭りの発生 その一
髯籠の話

 先生との縁の始まりと終わり  岡野弘彦
 解 題  長谷川政春


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。