大学出版部協会

 

折口信夫 秘恋の道

折口信夫 秘恋の道

四六判 480ページ 上製
定価:3,200円+税
ISBN978-4-7664-2532-1 C0095
奥付の初版発行年月:2018年09月 / 発売日:2018年09月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼魂を乞う、〈恋〉の人――

学問と創作を稀有なかたちで一体化させた、折口信夫。
かれの思考とことばには、燃えさかる恋情が隠されていた。
大阪の少年時代から、若き教師時代、そして晩年まで、
歓びと悲しみに彩られた人生をたどる、渾身の評伝/物語。

「折口の主題には恋が大きくそびえ立つ。そのことばの隅々にも恋情がたゆたう。
思考にふくよかな実感と肉感がかよう。人生の大半を埋め尽くす、
烈しく純な恋慕の経験の影だ。
ならばぜひとも書かなければなるまい、折口信夫のひそかに望んだ折口信夫論を。
恋愛小説の形をとり、折口信夫の学問と創作の鍵をあきらかにする論を。」(「あとがき」より)

著者プロフィール

持田 叙子(モチダ ノブコ)

1959年東京生まれ。近代文学研究者。国学院大学兼任講師、毎日新聞書評担当者、三田文学理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了、国学院大学大学院博士課程単位取得修了。1995~2000年『折口信夫全集』(中央公論社)の編集・校訂・解題執筆をおこなう。『荷風へようこそ』(慶應義塾大学出版会、2009年)で第31回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)受賞。他の著作に、『折口信夫 独身漂流』(人文書院、1999年)、『永井荷風の生活革命』(岩波書店、2009年)、『泉鏡花 百合と宝珠の文学史』(慶應義塾大学出版会、2012年)、『歌の子詩の子、折口信夫』(幻戯書房、2016年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 恋の宿命  
第一章 痣(あざ)ある子 
第二章 名と家と、生殖の苦と  
第三章 内なる女性の魂、えい叔母  
第四章 あかしやの花の恋  
第五章 歴史家への志  
第六章 炎の帝都へ  
第七章 霊と肉  
第八章 劇作への夢  
第九章 先 生  
第十章 帰 郷  
第十一章 大阪ダイナマイト  
第十二章 わが魂の舟  
第十三章 新しい波  
第十四章 愛の家  
第十五章 最高に純粋だった頃  
第十六章 流動あるのみ  
第十七章 清志恋ひし  
第十八章 恋愛と写生――海やまのあひだ  
第十九章 激 震  
第二十章 たぶの森から来た若者  
第二十一章 多情多恨  
第二十二章 魂の小説  
第二十三章 恋の灯を継ぐ  
終章 秘恋の道  

 あとがき  
 主要参考文献  
 初出一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。