大学出版部協会

 

 財政学から見た租税構造と導入過程環境税の日独比較

環境税の日独比較 財政学から見た租税構造と導入過程

A5判 234ページ 上製
定価:4,800円+税
ISBN978-4-7664-2380-8 C3033
奥付の初版発行年月:2016年11月 / 発売日:2016年11月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

日独の環境税の制度に着目し、その歴史的経緯や政治過程を丹念に繙くとともに、産業への影響を定量的に分析。
「望ましい税制とは何か」をゴールに据え、これからの日本の財政を考える。

著者プロフィール

佐藤 一光(サトウ カズアキ)

内閣府計量分析室。
慶應義塾大学大学院経済学研究科修了。博士(経済学)。慶應義塾大学経済学部助教を経て、2016年より現職。専門は財政学。
主な業績:「環境・エネルギー問題による財政の変化」井手英策編著『日本財政の現代1 ―― 土建国家の時代 1960~85年』有斐閣、2014;「環境と財政のパースペクティブ」小西千砂夫編著『日本財政の現代史3 ―― 構造改革とその行き詰まり 2001年~』有斐閣、2014;「なぜ東京で子育てをするのは大変なのか?―― 地方財政における制度地層の分析を通じて」饗庭伸・東京自治研究センター編『東京の制度地層 ―― 人びとの営みがつくりだしてきたもの』公人社、2015; “Input Output Analysis on Chinese Urban Mine,” in Masashi Yamamoto and Eiji Hosoda eds., The Economics of Waste Management in East Asia, Routledge, 2016ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 はじめに

第1章 環境税の租税論的再検討
 1 環境税への期待と隘路
 2 租税としての環境税
 3 税制改革の政治的受容性
 4 本書の構成

第2章 炭素・エネルギー税の日独制度比較
 1 ドイツ・エコロジー税制改革の制度構造
  1.1 ドイツ・エコロジー税制改革の概要
  1.2 エコ税改革の位置づけ――エコロジー的近代化と年金財源
 2 日本における地球温暖化対策税
 3 日独の制度比較
 4 産業連関分析を用いた制度の評価
  4.1 産業連関分析の手順
  4.2 産業連関モデル
 5 ドイツ・エコ税の推計結果
  5.1 ドイツ・エコ税におけるエネルギー利用量と税収
  5.2 ドイツ・エコ税の産業別価格上昇率
 6 日本・地球温暖化対策のための税の推計結果
 7 小括
 第2章補論 ドイツ・エコ税における家計の負担

第3章 日本における環境税の導入過程
 1 地球温暖化対策のための税の歴史的背景
 2 地球温暖化対策のための税の理論的背景
 3 地球温暖化対策のための税の導入経緯

第4章 ドイツ・エコ税改革前史
 1 鉱油税と交通政策支出の歴史の概観
  1.1 鉱油税の誕生
  1.2 鉱油税の交通政策目的税化
  1.3 鉱油税の一般財源への揺り戻しとドイツ再統一
  1.4 赤緑政権の誕生とエコロジー税制改革
 2 鉱油税の補助金財源から一般財源化への道のり
  2.1 補助金財源としての鉱油税
  2.2 ドイツ再統一に伴う鉱油税の一般財源化
 3 小括
 第4章補論 ドイツ・財政調整と鉱油税
  補.1 統一ドイツにおける財政調整の形成過程
  補.2 交通支出の安定期における州間配分
  補.3 ドイツ財政調整と鉱油税

第5章 エコ税改革と「公平性」
 1 エコロジー税制改革の導入法を巡る議論
   ――エコ税負担と第二の配当
  1.1 年金構造と受益の不均衡
  1.2 農業者軽課への道筋
     ――農業者老齢年金、EU共通農業政策と東西格差
  1.3 低所得者対策、非所得基準の限界と環境交通政策
  1.4 僅少労働者と年金改革
  1.5 軽減税率の理論的検討
 2 エコ税改革の継続法と地域間の「公平性」
  2.1 継続法の特徴
  2.2 連邦参議院での継続法を巡る論点
  2.3 新旧連邦州における受益の不均衡
  2.4 旧連邦州からの反発と公共事業の行方
 3 小括

第6章 エコ税改革と財政再建
 1 第二次シュレーダー政権の置かれた政治的分脈
  1.1 雇用政策の失敗と新しい労働市場政策
  1.2 継続期に入る環境・エネルギー政策
 2 エコロジー税制改革の発展と終結
  2.1 「エコロジー税制改革のさらなる発展に関する法律」の構造
  2.2 発展法の成立に際しての政治的議論
 3 発展法の成立に集約される第一次シュレーダー政権の政策評価
  3.1 環境・エネルギー政策の成功と雇用政策の失敗
  3.2 第一次シュレーダー政権における税制改革の全体像
  3.3 エコロジー税制改革の租税論的評価
 4 小括

第7章 フィードインタリフの財政学的分析
 1 ドイツにおける環境・エネルギー政策の体系
 2 再生可能エネルギー法(EEG)の財政学的位置づけ
 3 繰り返される歴史
  3.1 コールペニヒの廃止
  3.2 電力供給法における同様の問題
  3.3 EEGにおける問題の再燃
 4 小括

第8章 ポスト・地球温暖化対策税のために
 1 日独エネルギー税制の形成過程の比較
 2 結語

 あとがき
 重要語索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。