大学出版部協会

 

災害復興法学

災害復興法学

A5判 320ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-7664-2163-7 C3032
奥付の初版発行年月:2014年09月 / 発売日:2014年09月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

災害後の法改正の軌跡をもとに新たな防災教育と公共政策学を提言!

東日本大震災直後から無料法律相談を通じて集められた4万人を超える被災者の「声」。

法律家は、地域や時間の経過によって変化する被災者のこの多様な「声」を集約・分析し、被災地の真のリーガル・ニーズに基づいた立法・制度構築を提言してきた。

本書は、この法律的課題の発見から政策提言までの軌跡を震災時の代表的ケースを用いて解説することで、巨大災害時の生活再建支援、被災地域の災害復旧・復興支援に必要となる公共政策上のノウハウ(防災リーガル・リテラシー)の伝承を目指すものである。

朝日新聞「ひと」欄でも取り上げられた著者が、震災の教訓と被災地の「声」を永く伝え、危機管理の新たなデザインを提唱する1冊。

著者プロフィール

岡本 正(オカモト タダシ)

弁護士・医療経営士・マンション管理士。岡本正総合法律事務所所長。
1979年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。東日本大震災を契機に「災害復興法学」を創設し、中央大学大学院公共政策研究科客員教授、慶應義塾大学法科大学院・法学部非常勤講師を務める。公益財団法人東日本大震災復興支援財団理事、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所研究員、中央大学政策文化総合研究所客員研究員ほか研究職・公職多数。第1回危機管理デザイン大賞RiMDA賞個人・共同2賞受賞。
2013年9月11日の朝日新聞「ひと」欄に「災害復興法学を提唱する弁護士」として紹介される。主な著書に、『自治体の個人情報保護と共有の実務――地域における災害対策・避難支援』(ぎょうせい、2013年、共編著)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ 災害復興法学のすすめ


  第1部 巨大災害時のリーガル・ニーズ

第1章 東日本大震災無料法律相談情報分析結果
 Ⅰ 無料法律相談の意義と効果  
  1 法律家による無料法律相談の意義と価値  
  2 無料法律相談のデータ・ベース化の意義  
  3 無料法律相談情報の視覚化の効果  
 Ⅱ 東日本大震災と主要な相談事例  
  1 24分類によるリーガル・ニーズの視覚化  
  2 主要類型の相談実例  

第2章 東日本大震災のリーガル・ニーズの視覚化
 Ⅰ 被災地域によるリーガル・ニーズの差異  
  1 岩手県のリーガル・ニーズ  
  2 宮城県のリーガル・ニーズ  
  3 福島県のリーガル・ニーズ  
  4 茨城県のリーガル・ニーズ  
  5 千葉県のリーガル・ニーズ  
 Ⅱ 時間経過によるリーガル・ニーズの変化  
  1 「不動産賃貸借(借家)」に関する法律相談の変化(宮城県)
  2 「工作物責任・相隣関係(妨害排除・予防・損害賠償)」に関す
    る法律相談の変化(宮城県)  
  3 「住宅・車・船等のローン、リース」に関する法律相談の変化
    (岩手県)  
  4 「震災関連法令」に関する法律相談の変化(岩手県)  
  5 「遺言・相続」に関する法律相談の変化(岩手県)  
  6 「原子力発電所事故等」の相談の変化(福島県)  

  第2部 東日本大震災と復興政策の軌跡

第1章 被災者どうしの紛争、話し合いによる解決を
    建物賃貸借・近隣紛争と震災ADRの誕生
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~「震災ADR」の創設  
  4 政策上の展開と課題~震災ADRと司法の課題  

第2章 行方不明と死亡の狭間で揺れる遺族
    相続放棄の熟慮期間と行方不明者の死亡届
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~民法の壁を破る  
  4 政策上の展開と課題~恒久法の成立  

第3章 破産できない! 新たな債務整理制度
    住宅の被災ローン減免制度の構築
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~私的整理ガイドラインと事業者再生法案
  4 政策上の展開と課題~画期的制度の裏側  

第4章 きょうだいは家族か マイノリティ・リポートが導く真実
    災害弔慰金支給対象の兄弟姉妹への拡大
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~きょうだいは家族  
  4 政策上の展開と課題~生きた証し  

第5章 復興を阻害する古法の適用に待った!
    罹災法廃止と大規模災害借地借家特別措置法
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実    
  3 復興政策の軌跡と成果~罹災法の不適用決定  
  4 政策上の展開と課題~大規模災害借地借家特別措置法  

第6章 いのちを奪うか、救うか、マンション法制のこれから
    被災マンションと耐震化政策
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~被災マンション法改正  
  4 政策上の展開と課題~耐震化の壁  

第7章 個人情報は個人を救うためにある
    災害時の安否確認・災害後の生活実態把握
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~安否情報の制度化・生活再建フェーズの
    政策  
  4 政策上の展開と課題~事前協定・推定同意の活用

第8章 未来に残せ、地域の個人情報利活用術
    災害時要援護者名簿の事前共有と災害対策基本法
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~災害対策基本法改正と避難行動要支援者
    名簿  
  4 政策上の展開と課題~平常時からの名簿共有・災害後の被災者台
    帳  

第9章 100万件の紛争を法律家の手で解決せよ
    原子力損害賠償紛争解決センターによるADR
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~原子力損害賠償紛争解決センター  
  4 政策上の展開と課題~先例と総括基準  

第10章 絶望を希望に変える情報を伝えるために
     官民連携による情報提供ルートの複線化
  1 東日本大震災の法律相談対応  
  2 復興政策のポイントと立法事実  
  3 復興政策の軌跡と成果~支援冊子と検索サイト  
  4 政策上の展開と課題~官民連携と台風26号大島町土砂災害  

第11章 既成概念を打ち破る新しい法律・法改正
     差押禁止、資力要件撤廃、子ども被災者支援法、消滅時効延長
  1 義援金等差押禁止法案  
  2 民事法律扶助事業の資力要件撤廃とADRへの適用法案  
  3 福島子ども被災者支援法案  
  4 原子力損害賠償請求権の消滅時効延長法案  

  第3部 危機管理の新デザイン

第1章 地域ごとの復興政策モデル
  1 市町村単位でみるリーガル・ニーズの差異と特徴  
  2 リーガル・ニーズに応じた復興政策モデル  
  3 東日本大震災における注目政策  

第2章 南海トラフ地震・首都直下地震に備えるデータの活用
  1 散布図による地域特性の立体的な把握  
  2 散布図データの危機管理政策への活用  


エピローグ 思いを未来へ、謝辞  
参考文献一覧  
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。