大学出版部協会

 

戦略史としてのアジア冷戦

戦略史としてのアジア冷戦

A5判 240ページ 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-7664-2068-5 C3031
奥付の初版発行年月:2013年09月 / 発売日:2013年09月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼アジア冷戦下のパワーゲームを鋭く描く!

冷戦の主戦場といわれたヨーロッパ以上に大国の「戦略」が激しくぶつかり合ったアジア冷戦。諸国家の国益達成とその手段の交錯の歴史を、国家間のパワーバランスに焦点を当てて描き出す。

著者プロフィール

赤木 完爾(アカギ カンジ)

慶應義塾大学法学部教授。
1953年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了。法学博士。
主要著作:『第二次世界大戦の政治と戦略』(慶應義塾大学出版会、1997年)、『朝鮮戦争――休戦50周年の検証・半島の内と外から』(編著、慶應義塾大学出版会、2003年)、『歴史としての冷戦――力と平和の追求』(共訳、慶應義塾大学出版会、2004年) 、ほか。

今野 茂充(コンノ シゲミツ)

東洋英和女学院大学国際社会学部准教授。
1975年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)。
主要著作: 『イメージの中の日本――ソフト・パワー再考』(共著、慶應義塾大学出版会、2008年)、『中国の統治能力――政治・経済・外交の相互連関分析』(共著、慶應義塾大学出版会、2006年)、『朝鮮戦争――休戦50周年の検証・半島の内と外から』(共著、慶應義塾大学出版会、2003年)、ほか。

李 錫敏(リ ソクミン)

慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程。
1977年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科前期博士課程修了。
主要著作:「トルーマンのポイント・フォア計画――冷戦におけるイデオロギー競争の始まり」(『法学政治学論究』第91号、2011年12月)、ほか。

狩野 直樹(カノウ ナオキ)

杏林大学外国語学部非常勤講師。
1971年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得満期退学。
主要著作:『朝鮮戦争──休戦50周年の検証・半島の内と外から』(共著、慶應義塾大学出版会、2003年)、「米国のアジア政策の展開、1953~60年──NSC文書を中心に」(『法学政治学論究』第52号、2002年3月)、「米国の対中政策とアジア冷戦、1948年~49年」(『法学政治学論究』第53号、2002年6月)、ほか。

小此木 政夫(オコノギ マサオ)

九州大学特任教授、慶應義塾大学名誉教授。
1945年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。(法学博士)。
主要著作:『朝鮮戦争――米国の介入過程』(中央公論社、1986年)、『東アジア地域秩序と共同体構想』(共編著、慶應義塾大学出版会、2009年)、『転換期の東アジアと北朝鮮問題』(共編著、慶應義塾大学出版会、2012年)、ほか。

平野 龍二(ヒラノ リュウジ)

海上自衛隊幹部学校防衛戦略教育研究部戦略研究室教官。
1964年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)。
主要著作:「海洋限定戦争としての日清戦争――コルベットの海洋戦略の視点から」(『軍事史学』第44巻第4号、2009年3月)、「日露開戦の決断――海軍力均衡と海軍戦略の視点から」(『法学政治学論究』第82号、2009年9月)、「日露開戦劈頭における旅順口攻撃の再評価――戦争目的達成の観点から」(『日本歴史』第759号、2011年8月)、ほか。

石田 京吾(イシダ ケイゴ)

元海上自衛隊幹部学校研究部第2研究室長。
1956年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科前期博士課程修了。
主要著作:「戦後日本の海上防衛力整備――海上防衛における日米の役割分担の起源」(『防衛研究所戦史研究年報』第9号、2006年3月)、『歴史群像シリーズ 「決定版」太平洋戦争10 占領・冷戦・再軍備』(共著、学研パブリッシング、2011年)、ほか。

眞嶋 俊造(マジマ シュンゾウ)

北海道大学大学院文学研究科・応用倫理研究教育センター長・准教授。
1975年生まれ。英バーミンガム大学大学院グローバルエシックス研究所博士課程修了(PhD)。
主要著作:『民間人保護の倫理――戦争における道徳の探求』(北海道大学出版会、2010年)、‘Just Torture?’(Journal of Military Ethics 11:2, 2012) 、Jus Post Bellum and Transitional Justice (共著、Cambridge University Press、2013年近刊)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

【編著者】
赤木 完爾(あかぎ かんじ)
慶應義塾大学法学部教授。

今野 茂充(こんの しげみつ)
東洋英和女学院大学国際社会学部准教授。

【執筆者】(掲載順)
李 錫敏(り そくみん)
慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程。

狩野 直樹(かのう なおき)
杏林大学外国語学部非常勤講師。

小此木 政夫(おこのぎ まさお)
九州大学特任教授、慶應義塾大学名誉教授。

平野 龍二(ひらの りゅうじ)
海上自衛隊幹部学校防衛戦略教育研究部戦略研究室教官。

石田 京吾(いしだ けいご)
元海上自衛隊幹部学校研究部第2研究室長。

眞嶋 俊造(まじま しゅんぞう)
北海道大学大学院文学研究科・応用倫理研究教育センター長・准教授。

目次

序 論  赤木完爾・今野茂充

 第一部 アメリカの対外戦略とアジア冷戦

第一章 トルーマン政権期における「冷戦戦略」の形成とアジア冷戦の始
まり――対ソ脅威認識を中心に  李 錫敏
 はじめに
 一 ローズヴェルトの戦後構想とアジア政策
 二 トルーマン政権による戦後構想の継承と失敗――対ソ脅威認識の形
   成
 三 ヨーロッパ政策とアジア政策の相違――ソ連の脅威の有無、あるい
   は程度の差
 四 「原点」への回帰の試み、そして失敗――「大戦略」と「冷戦戦
   略」の同一化
 おわりに

第二章 アイゼンハワー政権移行期の東南アジア政策
──PSB D-二三の形成と変容、一九五二~一九五三年  狩野直樹
 はじめに
 一 心理戦略──定義と組織
 二 トルーマン政権の東南アジア政策
 三 PSB D-二三の形成と変容
 四 タイにおける心理戦
 五 アイゼンハワー政権の東南アジア政策の形成
 おわりに

第三章 大量報復戦略下の東アジア  赤木完爾
 はじめに
 一 ニュールックの戦略態勢
 二 核兵器使用のコントロール
 三 朝鮮半島、インドシナ、台湾海峡
 おわりに

 第二部 アジア冷戦形成期の朝鮮半島と日本

第四章 米軍の南朝鮮進駐――間接統治から直接統治へ  小此木政夫
 はじめに
 一 ホッジ司令官の懸念
 二 敵国領土の間接統治
 三 進駐軍が直面した難問
 四 直接統治――日本からの分離
 おわりに

第五章 朝鮮戦争における対立構造の起源
――満洲における治安戦との連続性  平野龍二
 はじめに
 一 三八度線を挟んだ二つの「軍隊」の創設
 二 満州国軍の創設と育成
 三 共産主義の浸透と満州における治安戦
 四 第二次世界大戦後の満州とアメリカの東アジア政策
 おわりに

第六章 戦後日本の防衛政策(一九五一~一九五二年)
――「Y委員会」を中心として  石田京吾
 はじめに
 一 海上警備隊発足前夜――朝鮮戦争と日本の海上防衛力
 二 アメリカの対日期待
 三 海上防衛力の創設に向けて
 四 戦後日本の海上防衛力と「Y委員会」
 おわりに

 第三部 アジア冷戦を俯瞰する

第七章 東アジアにおける冷戦とアメリカの大戦略
――オフショア・バランシング論の観点から  今野茂充
 はじめに
 一 大戦略の理論
 二 オフショア・バランサーとしてのアメリカ
 三 アメリカの戦略的行動――トルーマン政権からニクソン政権まで
 おわりに

第八章 歴史・戦略・道徳――正戦論の視座からの批判的検討
眞嶋俊造
 はじめに
 一 方法論としての「歴史から学ぶ」ということ
 二 理論としての戦略と道徳
 三 ヴェトナム戦争――冷戦期アジアにおけるアメリカの戦略
 四 ヴェトナム戦争から学ぶこと
 五 正戦論と戦略
 六 正戦論の適用――ヴェトナム戦争
 おわりに


あとがき
索 引
執筆者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。