大学出版部協会

 

抗加齢医学入門 第2版

抗加齢医学入門 第2版

A5判 318ページ 上製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-7664-1840-8 C3047
奥付の初版発行年月:2011年05月 / 発売日:2011年05月中旬

内容紹介

抗加齢医学では、老化の機構を追及し、あらゆる科学を結集して、加齢や老化現象に立ち向かう。
健康増進、クオリティ・ライフの向上、介護の要らない高齢者の生き方、寝たきりの高齢者を作らない、認知症を予防すること、などを再確認してどのような対処をしていくべきかを検討する。
加齢や老化に伴う諸症状を可能な限り進行を押しとどめて、できれば逆戻りさせてしまう。そのための具体的な目標を定めて、生活療法を含めた治療法を提案する。


目次

はじめに

第1章 抗加齢医学とは
・抗加齢医学の目指すもの
・加齢医学(老年内科)と抗加齢医学
・百寿者の研究成果
・抗加齢医学における診断と治療
・医療における専門化の弊害
・日本の高齢化社会
・健康日本21
・健康増進とオプティマルヘルス
・アメリカにおける健康観の変革
・世界の抗加齢医学
・日本の抗加齢医学
・医師・医療従事者の役目

第2章 抗加齢医学の診断
・人間ドック・健康診断
・身体症状・QOLの評価
・老化度の評価方法
 ①問診・診察/②老化度の客観的評価方法/③老化度の全体評価/④抗加齢医療の立場からの指導および治療
・治療方針の選択の為のガイドライン
・オプティマルレンジの考え方

第3章 加齢に伴う変化
・加齢と共に変化するホルモン・血中物質
 ①メラトニン/②IGF-I
・成人型成長ホルモン欠乏症について
 ①DHEA-s/②エストロゲン/③プロゲステロン/④テストステロン/⑤甲状腺ホルモン/⑥コルチゾル/⑦インスリン/⑧ホモシステイン
・酸化ストレス
 ①8-OHdG/②8-インプラスタン/③過酸化脂質(LPO)
・糖化ストレス
・生活習慣病のリスク遺伝子検査
・加齢に伴う遺伝子発現状況の変化
・毛髪テスト

第4章 抗加齢医学の治療
・抗加齢医学における治療法
・運動療法
・食事療法
・精神療法
・薬物療法
 ①ホルモン補充療法/②抗酸化療法/③免疫強化療法/④脳神経機能の改善/⑤抗炎症療法
・サプリメント療法
・漢方における抗加齢医学
・住まいとオフィスの抗加齢医学
・生活習慣の改善による抗加齢
・禁煙対策
・飲酒について
・免疫機構の弱体化とその対策
・ストレス対策
・生活習慣病の増悪
・生活習慣の改善による抗加齢
・エステ・コスメ、美容皮膚科・美容外科的療法
・呼吸法・ヨガ・気功
・ホメオパシー
・老廃物の排泄とキレーション
・温泉療法
・アロマテラピー
・音楽療法・芸術療法

第5章 加齢による各障害の診断と治療
・更年期障害
 ①女性更年期障害/②男性更年期障害
・前立腺肥大
・排尿障害
・勃起不全(ED)
・動脈硬化の治療
・心臓の抗加齢
・骨粗鬆症
・皮膚の抗加齢
・メタボリックシンドローム
 ①非アルコール性脂肪肝/②肥満症/③2型糖尿病(高インスリン血症の治療)/④筋萎縮症(Sarcopenia)
・寝たきりの予防
・脳神経機能の老化予防
・消化器系・肝臓機能の老化予防
・加齢と町内細菌
・委縮性胃炎
・癌の予防
・生殖医療と卵子の抗加齢
・老眼の予防と治療
・耳鼻科領域の抗加齢

第6章 抗加齢社会の未来像
・抗加齢社会における治療法
・農業と環境保全
・行政の取り組み
・禁煙について
・アンチエイジング経済学
・禁欲主義だけではうまくいかない
・EBM vs. NBM
・健康保険組合の取り組み
・抗加齢医学の未来
・幸せの閾値

おわりに

資料1 推奨されるサプリメント——各栄養成分の解説
資料2 スマートドラッグ一覧
参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。