大学出版部協会

 

 アメリカ社会の政治的リベラリズム(仮)感情と法

感情と法 アメリカ社会の政治的リベラリズム(仮)

A5判 520ページ 上製
定価:4,800円+税
ISBN978-4-7664-1719-7 C3010
奥付の初版発行年月:2010年02月

内容紹介

ヌスバウムの代表作の翻訳。
▼現代のアメリカを代表する哲学者、マーサ・C・ヌスバウムの主著の一つ、Hiding from Humanity: Disgust, Shame, and the Law, Princeton University Press, 2004 の翻訳。アメリカ出版社協会(AAP)最優秀専門・学術図書賞受賞。
▼ヌスバウムの著作は、日本では3冊(『国を愛するということ』(2000年、人文書院)、『クオリティー・オブ・ライフ—豊かさの本質』(里文出版、2006年)、『女性と人間開発—潜在能力アプローチ』(岩波書店、2005年)の翻訳が刊行されており、近年はアマルティア・センとの共同研究者としても知られる注目の著者。
▼公平ではあるが無情でもある理性の秩序として捉えられてきた「法」。これに対し、ヌスバウムは、「法」をある社会の成員が共有すべく求められている「感情」の表現としてとらえ、法の基盤としてふさわしい「感情」とはどういうものかを検討する。
▼差別意識を助長する「嫌悪感」と「羞恥心」など少数派の排除につながる「感情」を明らかにし、そこからフェミニズムや共同体主義とは異なる視点から、リベラリズムへの新たな視座を提供する大著。


【著者】
マーサ・ヌスバウム(Martha C. Nussbaum)
シカゴ大学法学部教授
1947年生まれ。ハーヴァード大学にて文学修士、哲学博士(Ph.D.)取得。1986〜93年世界開発経済研究所リサーチアドヴァイザー、ブラウン大学を経て、現職。
主要著作としては、センとの共著『クオリティー・オブ・ライフ』(里文出版、1992年)のほか、共著『国を愛するということ』(人文書院、1996年)、『女性と人間開発』(岩波書店、2000年)がある。また未邦訳だが、The Therapy of Desire (1994), Poetic Justice (1996), Cultivating Humanity (1997), Frontiers of Justice (2006), Liberty of Conscience (2008) も重要な著作である。

【監訳者】
河野哲也(こうの てつや)
立教大学文学部教育学科教授
1963年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程哲学専攻修了。博士(哲学)。国立特殊教育研究所特別研究員、防衛大学校、玉川大学を経て、2008年より現職。
主要著作には、『メルロ=ポンティの意味論』(創文社)、『エコロジカルな心の哲学』『環境に拡がる心』(ともに勁草書房)、『〈心〉はからだの外にある』(NHK出版)、『善悪は実在するか』(講談社メチエ)、『暴走する脳科学』(光文社)などがある。


【訳者紹介】
木原弘行(きはらひろゆき)
慶應義塾大学文学部非常勤講師、専修大学商学部非常勤講師
1968年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。
主な論文・訳書に、「動機付けと合理性」(『三田哲学』104集)、S. プリースト『心と身体の哲学』(共訳、勁草書房)がある。

石田京子(いしだ きょうこ)
恵泉女学園大学、慶應義塾大学非常勤講師
1979年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科哲学・倫理学専攻満期退学。
主要論文に「カント法哲学における許容法則の位置づけ」(『日本カント研究8』、2007年)、「カント実践哲学における『法』と『道徳』」(慶應義塾大学倫理学研究会『エティカ』、2008年)がある。

齋藤瞳(さいとう ひとみ)
日本大学文理学部人文科学研究所研究員
1976年生まれ。日本大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程満期退学
主要論文に、「メルロ=ポンティにおける知覚経験と論理、形式化」(『メルロ=ポンティ研究』第13号)、「メルロ=ポンティの言語獲得理論」(『現象学年報25』)がある。

宮原優(みやはら ゆう)

花形恵梨子(はながた えりこ)
慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程
1978年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。
主要論文に「正義の二原理はどのような分配を目指すのか:市民・社会的協働・基礎構造」(慶應義塾大学倫理学研究会『エティカ』第2号、2009年)がある。

圓増文(えんぞう あや)

目次

謝辞

序章
 第1節 恥辱と嫌悪感——実践と理論における混乱
 第2節 感情なき法?
 第3節 二つの問題ある感情

第1章 感情と法
 第1節 感情に訴える
 第2節 感情と信念、感情と価値
 第3節 感情、値踏み、そして道徳教育
 第4節 感情と「常識人」——故殺と正当防衛
 第5節 感情と社会規範の変革
 第6節 理に適った共感——刑事判決における同情
 第7節 感情と政治的リベラリズム
 第8章 感情の評価の仕方

第2章 嫌悪感と私たちの動物的身体
 第1節 嫌悪感と法
 第2節 嫌悪感に法的役割を認める議論——デヴリン、カス、ミラー、カハン
 第3節 嫌悪感の認知内容
 第4節 嫌悪感と憤り
 第5節 投影的嫌悪感と集団の従属
 第6節 嫌悪感、除外、文明化

第3章 嫌悪感と法
 第1節 不法行為としての嫌悪感と判断基準としての嫌悪感
 第2節 嫌悪感と犯罪者——「同性愛という挑発」を用いた抗弁について
 第3節 嫌悪感と「平均的な人間」——わいせつ性について
 第4節 嫌悪感は不法行為の根拠となるか——ソドミー、屍姦の場合
 第5節 嫌悪感と生活妨害法
 第6節 嫌悪感と陪審員——「恐ろしく、非人間的な」殺人行為

第4章 顔の刻印——恥辱とスティグマ
 第1節 顔を赤らめること
 第2節 原初的羞恥心、ナルシシズム、および「黄金時代」
 第3節 不完全性の拒絶——Bの場合
 第4節 恥辱とその縁戚——屈辱と狼狽
 第5節 恥辱とその類縁的感情——嫌悪、罪悪感、抑鬱、激怒
 第6節 建設的な羞恥心とは何か
 第7節 スティグマと烙印——社会生活における恥辱

第5章 市民を恥じ入らせること?
 第1節 恥と「促進的環境」
 第2節 恥辱刑——尊厳とナルシスティックな怒り
 第3節 恥と「モラル・パニック」——ゲイ・セックスと「アニムス」
 第4節 モラル・パニックと犯罪——ギャングうろつき禁止法
 第5節 別の道筋によるミルの結論

第6章 恥辱から市民を守る
 第1節 促進的環境を作る
 第2節 恥辱とまともな生活水準
 第3節 差別禁止、ヘイト・クライム
 第4節 恥辱と個人のプライバシー
 第5節 恥辱と障害を持った人々

第7章 隠すことなきリベラリズム?
 第1節 政治的リベラリズム、嫌悪感、そして恥辱
 第2節 ミルの自由擁護論に対する再考
 第3節 嫌悪感および恥辱に向けられる異論
 第4節 感情およびリベラリズムの形態


 訳者解題 石田京子
 訳者あとがき 河野哲也

 判例
 参考文献
 訳註
 原註
 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。