大学出版部協会

 

 あたらしいフィールドワークキャンプ論

キャンプ論 あたらしいフィールドワーク

A5判変型 224ページ 並製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-7664-1695-4 C36
奥付の初版発行年月:2009年11月

内容紹介

今日から始められる、フィールドワーク入門!
▼「キャンパス(教室)」に閉じこもった知の獲得方法から脱し、まちへ出かけて、いろいろな人とコミュニケーションを築くあたらしいフィールドワーク——。これを本書では「キャンプ」として提唱する。
▼自分は何に関心があるのかを見つけたい、教室での大学の授業に物足りなさを感じ、普段と違ったことをやってみたいという大学生のための、カジュアルで、あたらしい「フィールドワークのすゝめ」である。

本書は、日本図書館協会選定図書です。





加藤文俊(かとう ふみとし)
慶應義塾大学環境情報学部准教授。京都生まれ。1985年慶應義塾大学経済学部卒業。ペンシルバニア大学大学院Annenberg School for Communication、ラトガース大学大学院School of Communication, Information, and Library Studies修了(Ph. D.)。慶應義塾大学境情報学部助手、龍谷大学国際文化学部専任講師、助教授を経て現職。専門はコミュニケーション論、メディア論、定性的調査法(エスノグラフィー)。最近は、ケータイをはじめとするモバイルメディアを使ったフィールドワークや学習環境のデザインについて関心を持っている。著書に『ゲーミングシミュレーション』(共著)、『Gaming, Simulations, and Society: Research Scope and Perspective』(共編著)ほか。

目次

はじめに——「キャンプ」という試み

1 なぜ「キャンプ」が必要なのか
 1 「キャンプ」とは何か
 2 現場に出かけることの重要性
 3 「キャンプ」の可能性

2 どのように「キャンプ」をはじめるか
 1 見慣れた「日常」から抜け出す
 2 フィールドワークをはじめる
 3 「キャンプ」の思想
 4 継続することの重要性

3 「キャンプ」とメディア
 1 記録のための道具
 2 ケータイで調査する
 3 調査者という役割の変化

4 「キャンプ」のためのトレーニング
 1 ケータイをもって、まちに出よう
 2 おなじだけど、ちがう毎日

5 「つながりかた」を考える
 1 「場所」のデザイン
 2 「キャンパス」と「キャンプ」
 3 「キャンプ」を続ける

6 フィールドワークの創造力

おわりに——そして、「キャンプ」は続く

参考文献・資料


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。