大学出版部協会

 

社会イノベータ

ケース・ブック
社会イノベータ

A5判 176ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7664-1659-6 C3034
奥付の初版発行年月:2009年08月

内容紹介

ケースで学ぶ 地域活性化! ケースで育てる まちの担い手!
▼ケース・メソッドを活用して地域の起業家を育成する佐賀・鳳雛塾、誰でも講師になれ自由に学べる富山・インターネット市民塾、砂浜にTシャツを並べて日本中から観光客を集める高知・砂浜美術館など、卓抜したアイデアと行動力ある人々によって、「まち」の未来を力強く切り開いている事例6編を収録。
▼日本初の本格的「まちづくり」ケース教材集!

教育・研修担当者向けに当Web Siteから、「ティーチング・ノート」をご購入いただけるよう只今準備をしております。今しばらくお待ちください。


飯盛 義徳(いさがい よしのり)
慶應義塾大学総合政策学部准教授、博士(経営学)
佐賀県生まれ。慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了。博士(経営学)。
1987年、松下電器産業株式会社入社。富士通株式会社出向などを経て、1992年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程入学。1994年、同校修了後、飯盛教材株式会社入社。1997年、常務取締役。1999年、アントルプレナー育成スクールNPO法人鳳雛塾を設立。2001年、有限会社EtherGuy設立、代表取締役。2002年、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程入学。2005年、慶應義塾大学環境情報学部専任講師就任。2008年から現職。
専門は、経営情報システム、地域情報化、まちづくりなど。
総務省・過疎問題懇談会委員、総務省・地域情報化アドバイザー、総務省・地域力創造有識者会議委員などを務める。
主要業績に、『「元気村」はこう創る−実践・地域情報化戦略』(共編著、日本経済新聞出版社、2007年)、『地域情報化 認識と設計』(分担執筆、NTT出版、2006年)、『ケース・ブックⅠ ケース・メソッド入門』(分担執筆、慶應義塾大学出版会、2006年)、『ケース・ブックⅡ 挑戦する企業』(分担執筆、慶應義塾大学出版会、2006年)、「地域にふさわしいアントルプレナー育成モデルを目指して」(日本ベンチャー学会『Ventures Review』No.6、2005年9月)、「地域情報化プロジェクトにおける事業創造のマネジメント」(情報社会学会『情報社会学会誌』Vol.2、No.2、2007年6月)、「地域再生とひとづくり」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング『季刊 政策・経営研究』2009 Vol2、2009年5月)、など。

目次

はじめに

第1章 社会イノベータをいかに育むか
 ESSAY 1 社会イノベータとは何か?
 ESSAY 2 社会イノベータ育成の方策

第2章 社会イノベータ ケース集
 CASE 1 特定非営利活動法人 鳳雛塾
        ——地域にふさわしいアントルプレナー育成モデルを目指して
 CASE 2 インターネット市民塾——現代の寺子屋を目指して
 CASE 3 特定非営利活動法人 桐生地域情報ネットワーク——社会性と事業性の両立
 CASE 4 特定非営利活動法人 砂浜美術館——これからのTシャツアート展とまちづくり
 CASE 5 佐賀Business Matching Place——情報技術を活用した地域経済活性化の実験
 CASE 6 東峰村元気プロジェクト——トーホーMedia Cafeを活用したまちづくり


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。