大学出版部協会

 

D.H.ロレンスとアメリカ/帝国

D.H.ロレンスとアメリカ/帝国

富山太佳夫:編著, 立石弘道:編著, 宇野邦一:編著, 巽孝之:編著
四六判 320ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-1457-8 C98
奥付の初版発行年月:2008年03月

内容紹介

ロレンスとアメリカの関係を分析。
▼英文・米文・仏文をリードする論者が集まり、「ロレンスとアメリカ」に焦点を当て編纂された論集。思想的にも実生活でも終生旅人であったロレンスを9.11以降のアメリカやネグリの〈帝国〉を視野に入れて論じるなど、第一級のレベルの論集。


立石弘道(たていし ひろみち)
1941年生まれ。現在、日本大学芸術学部教授。イギリス文学専攻。主要著書・論文に『D・H・ロレンス「狐」とテクスト』『D・H・ロレンスと新理論』(共編著、国書刊行会)『現代イギリス文学と同性愛』(共編著)20世紀英文学研究会編(金星堂)、D.H.Lawrence: Literature, History, Culture(英文、501頁)共編著 ed. by Michael Bell, Keith Cushman, Takeo Iida, and Hiro Tateishi(国書刊行会)などがある 。

大田信良(おおた のぶよし)
1961年生まれ。現在、東京学芸大学教育学部准教授。英文学専攻。主要著書・論文に『愛と戦いのイギリス文化史1900-1950』(共著、慶應義塾大学出版会)、"Our Commitments to China': Migration and the Geopolitical Unconsious of The Waves." Locating Woolf: The Politics of Space and Place. Ed. Anna Snaith and Michael H. Whitworth. London: Palgrave Macmillan, 2007. 167-81.などがある。

巽孝之(たつみ たかゆき)
1955年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。アメリカ文学専攻。主要著書・論文に『ニュー・アメリカニズム』『リンカーンの世紀』(青土社)、『アメリカ文学史』(慶應義塾大学出版会)、Full Metal Apache(Duke UP)、『人造美女は可能か?』(共編著、慶應義塾大学出版会)、John Steinbeck's Global Dimensions(共著、Scarecrow)などがある 。

宇野邦一(うの くにいち)
1948年生まれ。現在、立教大学現代心理学部教授。フランス文学思想、映像身体論専攻。主要著書・論文に『アルトー 思考と身体』(白水社)、『他者論序説』(書肆山田)、『ドゥルーズ 流動の哲学』(講談社)、『反歴史論』(せりか書房)、『破局と渦の考察』(岩波書店)、『〈単なる生〉の哲学』(平凡社)などがある 。

木下誠(きのした まこと)
1968年生まれ。現在、東京成徳大学人文学部准教授。英文学専攻。主要著書・論文に『D・H・ロレンスと新理論』(共著、国書刊行会)、『運動+(反)成長——身体医文化論II』『愛と戦いのイギリス文化史1900-1950』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある 。

霜鳥慶邦(しもとり よしくに)
1976年生まれ。現在、福島大学人間発達文化学類准教授。英文学専攻。主要著書・論文に'The Evil Flood Welling UP from the Core of Asia: St. Mawr and Anxiety of Empire', Studies in the English Literature 45(2004)、「ベデカー時代の世界を旅するには——20世紀前半地中海世界の旅戦略」(『英語青年』第153巻第8号、2007年)、「女神になったマリンチェ——『羽鱗の蛇』とアステカの記憶」(『英文学研究』第84巻、2007年)などがある 。

新井英永(あらい ひでなが)
1962年生まれ。現在、大阪府立大学人間社会学部准教授。英文学専攻。主要著書・論文に『D・H・ロレンスと批評理論』(国書刊行会、近刊予定)"The Mediator Split: The System of Oppositions in The Marriage of Heaven and Hell (Enlighted Groves: Essays in Honour of Professor Zenzo Suzuki, ed. Eiichi Hara, Hiroshi Ozawa, Peter Robinson; Shohakusha, 1996 ) などがある 。

富山太佳夫(とみやま たかお)
1947年生まれ。現在、青山学院大学人文学部教授。19世紀英国小説専攻。主要著書・論文に『シャーロック・ホームズの世紀末』(青土社)、『ポパイの影に』(みすず書房)、『文化と精読』(名古屋大学出版会)、『笑う大英帝国』(岩波書店)などがある 。

目次

第Ⅰ章 総論
   これまでのロレンスとアメリカ/帝国——紀行文を中心として     立石弘道

第Ⅱ章 ロレンスとアメリカ/帝国
   帝国の(再)編制とロレンス     大田信良
   ジャズ・エイジの帝国
     ——ロレンスの『古典アメリカ文学研究』を中心に     巽 孝之
   アポカリプスとアメリカ     宇野邦一

第Ⅲ章 ポスト・コロニアルの『セント・モア』論
   『セント・モア』の帝国と英米関係     木下 誠
   『セント・モア』の植民地幻想     霜鳥慶邦
   消え行く媒体としての「アジアの中心」
      ——『セント・モア』とネイティヴィスト・モダニズム     新井英永

第Ⅳ章 帝国を表象する手法
   裏返しの技法
      ——小説の伝説も、帝国も     富山太佳夫


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。